戦力分析

【最新】2021年阪神ルーキーの現在地。佐藤・伊藤・石井が開幕一軍濃厚か?

虎吉くん
2020年ドラフト選手の現在地を教えて!

 

春季キャンプも終わり、いよいよオープン戦がスタートしました。

一軍・二軍の入れ替えも始まり、若手メンバーのアピール合戦も最終局面に入ってきました。

そんな中、2020年ドラフト指名されてルーキーたちの現状はどうなっているのでしょうか。

この記事では、開幕直前での彼らの戦力図をまとめて書いていますので、ぜひ読んでみてください。

 

D1位 佐藤輝明

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️☆☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

メンタル ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

 

12球団のルーキーの中で、最も注目されているのがこの佐藤輝明選手。

彼は阪神の新人の中でも、一番開幕スタメンに近い男と言っても過言ではないでしょう。

破壊力抜群のスイングだけではなく、実際にヒットやホームランの結果を残しているのも凄い。

 

DeNAとの練習試合で、バックスクリーン超えの特大ホームランを打って度肝を抜かれ。

さらにソフトバンク開幕投手・石川選手からもレフトにホームランを放って実力の高さを示しました。

素材的にも数字的にも、もはや開幕オーダーから外す理由がないので、おそらくスタメン濃厚でしょう。

 

あと個人的な感想としては、性格と雰囲気が素晴らしいと思っています。

性格はマイペース・気が強いと感じるので、完全にプロ向きだと言えます。

打席のルーティンや雰囲気は、すでにベテラン選手かと勘違いするほどの大物感が漂っています。

 

佐藤選手に関しては、もはやルーキーという物差しで計ってはいけない選手。

彼のお父さんも柔道で有名な選手だったようですし、潜在能力的にも今後ますます楽しみです。

 

draft-no1-introduction
【阪神ドラ1】近畿大・佐藤輝明を特集!柳田二世の経歴と動画をまとめ

続きを見る

 

D2位 伊藤将司

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

佐藤選手の次に注目度が高く、開幕一軍に近いのはこの伊藤選手でしょう。

球速は140〜150kmあたりなんですが、制球力と出所が見にくいフォームが絶妙で高評価

社会人卒なのですでに即戦力ですし、高橋遥人選手が怪我で離脱した穴を埋めてくれるかもしれません。

 

投げ方は成瀬選手に似ていて、ピッチングスタイルはソフトバンクの和田投手のような感じ。

先発左腕がチェン選手しかいない現状なので、伊藤選手への期待は日増しに高まっていますね。

矢野監督も「中継ぎでは考えていない」とインタビューで答えていたので、先発ローテ入り手前。

 

個人的には、こういう安定感があって大崩れしない選手は好きです。

左腕版の西勇輝選手になってくれたら最高だなと思いますし、1年目から十分活躍できると思います。

 

【阪神ドラ2】JR東日本・伊藤将司特集!技巧派左腕の経歴と動画をまとめ

続きを見る

 

D3位 佐藤蓮

draft-third-sato

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️☆☆☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️☆☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

上武大学から入団した、スケールの大きい素材型の佐藤選手。

大学時代の実績がほとんどない選手ながら、188cm・102kgの素材を買って指名した選手ですね。

初実戦の紅白戦で、制球難になり打ち切りになったこともあり、今後の成長に期待と言えるでしょう。

 

ポテンシャルの高さは間違いないのですが、大卒とはいえ数年後を見据えた育成が必要だと思います。

2月の春季キャンプは一軍だったものの、3月に入って二軍降格になったのもその理由でしょうね。

もう一度フォームを整えて、二軍で実戦経験を積んでくれれば、大化けする可能性も大いにあります。

 

制球が悪いので現時点で一軍ではまだ使えないですが、楽しみな存在であることは確かです。

来年・再来年を見越してファームでしっかり鍛えて欲しいなと思います。

 

【阪神ドラ3】上武大・佐藤蓮はスケール抜群!経歴や特徴や動画を紹介!

続きを見る

 

D4位 榮枝裕貴

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️☆☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️☆☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️☆☆

 

立命館大学から入団した、強肩が売りの榮枝選手もキャンプは一軍帯同でした。

練習試合で何度も盗塁阻止してアピールしていましたが、彼もまた一軍出場に時間がかかるでしょう。

実力はすでに高いレベルにあるものの、梅野・坂本・原口選手など選手層が厚いのが大きな要因かなと。

 

この榮枝選手が阪神の正捕手になるためには、まずGG賞の梅野選手に勝たなくてはいけません。

が、梅野選手がFA権行使して移籍した場合チャンスが生まれるので、そこが最大の勝負かなと思います。

捕手の枠は1つしかないので酷だなと感じますが、ぜひその強肩を生かして結果を出して欲しいですね。

 

3月に入ってすでに二軍に降格していますので、しばらくは二軍生活になりそうです。

二軍で数字を残せば一軍にいけるレベルだと思うので、腐らずにしっかり練習してください!

 

【阪神ドラ4】立命館・榮枝裕貴の強肩がヤバイ!経歴とプレー動画まとめ

続きを見る

 

D5位 村上頌樹

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️☆☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

個人的にD1位佐藤選手と同じくらい期待しているのが、この村上選手。

昨年暮れに肉離れを起こした影響からキャンプは二軍でしたが、体調良ければ一軍だったでしょう。

智辯学園時代の甲子園優勝投手ですし、経験豊富なので即戦力に近い投手だと感じています。

 

現在の状態ですが、ようやくブルペンで変化球を投げ始めたところのようです。

実戦復帰まではもう少しかかりそうですが、二軍で結果を残して一軍昇格となるのも時間の問題。

村上選手の直球の球質や制球力はとても素晴らしいので、早く万全の体調に戻して欲しいですね。

 

開幕一軍はないと思いますが、シーズン途中に一軍参戦してくれることを期待します。

 

【阪神ドラ5】東洋大・村上頌樹は即戦力レベル!経歴と投球動画を紹介!

続きを見る

 

D6位 中野拓夢

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️☆☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️☆☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

この春季キャンプで、評価を大きく上げたのがこの中野選手ではないでしょうか。

守備力の高さが魅力の選手との前情報だったんですが、実戦で打撃力の高さもアピール成功。

3月のオープン戦も一軍帯同が決まりましたので、あとは開幕まで結果を残し続けるのみです。

 

中野選手はショートとセカンドを守るので、ライバルは木浪選手や糸原選手になります。

糸原選手はワンランク上かなと思いますし、狙い目はショートの木浪選手になるかなと。

正直結構いい勝負すると思うので、シーズン開幕以降もレギュラー争いは続くことになるでしょう。

 

中野選手は結構ガッツがあるタイプに見えるので、実戦向きの選手だなと感じます。

開幕後はまず代走や守備固めで起用されて、徐々にスタメンを狙っていくことになりますかね。

正直二遊間の選手はみんな同じタイプばかりなので、中野選手特有の武器を確立してくれたらと。

 

【阪神ドラ6】中野拓夢は有能&即戦力ショート!経歴と特徴や魅力を紹介!

続きを見る

 

D7位 高寺望夢

 

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️☆☆☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️☆☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️☆☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

ルーキー唯一の高卒選手であり、密かに期待しているのがこの高寺選手。

長野・上田西高校出身、走攻守揃ったショートの選手なんですが、今年のキャンプは二軍で体作り中心。

体重が75kgほどなのでまだ線が細いですが、1年かけてみっちり鍛えれば面白い選手だと思っています。

 

今年一軍はあるか?と聞かれれば、それはさすがに時期尚早な気がします。

とはいえ、キャンプ中の二軍の6試合全てでヒットを打って結果を出していますし、評価は上々。

基礎体力をつけて全体的に底上げしつつ、打てるショートとして成長すれば数年後は面白いのでは。

 

ちなみに、もともと高寺選手はドラフト時の注目度がさほど高くなかった高卒ショート。

ただ、地元長野では「高校生No.1」という呼び声も高かったらしく、知る人ぞ知る有望株の匂い。

高卒の同期が少ないのは寂しいかもですが、優秀な先輩から吸収するチャンスなので、積極的に会話して学んで欲しいなと思います。

 

【阪神ドラ7】上田西・高寺望夢は若虎の夢!走攻守揃った素材型選手の紹介

続きを見る

 

D8位 石井大智

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️⭐️☆

 

「掘り出し物」という言葉がピッタリ、春季キャンプで最も評価を上げたのが石井選手。

秋田高専から高知ファイティングドッグスという異例の経歴を持ち、12球団で最後に指名された選手。

度胸を感じる堂々としたマウンド、キレのある直球、潮崎さん譲りの魔球シンカーで一躍有名に。

 

矢野監督含めた首脳陣も大絶賛、開幕一軍はほぼ間違いなしでしょう。

対外試合でも全く打たれておらず、勝ちパターンの中継ぎ候補として期待が高まっています。

見ている側も清々しくなる直球攻めは魅力的ですし、よくぞ8位まで残ってたなと思いますね。

 

ちなみに、石井選手は筋トレが大好きらしく、体もゴリっとしています。

そんなパワフルな彼が投げ下ろす直球、ぜひ注目して見てみてくださいね。

 

育成D1位 岩田将貴

ポイント

即戦力  ⭐️⭐️⭐️☆☆

潜在能力 ⭐️⭐️⭐️☆☆

メンタル ⭐️⭐️⭐️☆☆

期待度  ⭐️⭐️⭐️☆☆

 

和製ウィリアムスと期待がかかっているのが、この岩田選手。

左のサイドスローで、クロスステップして左打者の背中に投げ込むスタイルは魅力的に感じます。

ただ謎に包まれているので、全ての評価を平均の3にさせていただきました。

 

大学4年生だった2020年は、ほぼ1イニング限定のリリーフで活躍していました。

過去の阪神では、遠山・田村・ウィリアムス選手がいましたが、理想はこれらの先輩方でしょう。

今の阪神には、左サイドスローのワンポイント選手がいないので、チャンスはあると思います。

 

現状の課題としては、球速・球威が足りていないところかなと。

ストレート最速が139kmなので、凄まじいキレがない限りさすがに厳しいと思います。

そこをしっかり強化して改善できれば、一軍でもワンポイント要員として重宝される可能性あり。

 

小野寺選手、鈴木選手など、育成から支配下への昇格を狙っているライバルはたくさん。

彼らの方が支配下に近いと思うので、焦らずじっくりトレーニングを積み重ねて欲しいですね。

 

まとめ

というわけで、2021年3月上旬時点ではありますが、ルーキー達の現在地をまとめました。

佐藤・伊藤・石井が開幕一軍濃厚だと思いますが、まだ1年目なので基礎固めをしっかりして欲しい。

彼ら以外にもたくさん有能なルーキーばかりなので、来年以降がとても楽しみだなと思っています。

ぜひこの9選手に注目して、2021年を楽しんでもらえたら嬉しいです!

 

-戦力分析

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5