戦力分析

2021年阪神開幕スタメン最新予想!選ばれし野手8人と開幕投手は誰だ!?

虎吉くん
2021年開幕スタメン結局どうなる?

 

2021年シーズンも開幕が近づいてきましたが、韓国助っ人陣が間に合わない可能性が浮上しました。

ロハスJr.選手、アルカンタラ選手不在の中、どんな布陣になるのか改めて予想してみました。

ぜひみなさんも一緒に考えてみてくださいね!

 

2021年開幕スタメンオーダーを予想

 

では早速ですが、阪神タイガース開幕スタメンオーダーを9名発表したいと思います。

打順・ポジションも合わせて考えると、このようになるのではないでしょうか。

 

ポイント

1.中 近本光司
2.二 糸原健斗
3.右 糸井嘉男
4.三 大山悠輔
5.一 サンズ
6.左 佐藤輝明
7.捕 梅野隆太郎
8.遊 木浪聖也
9.投 西勇輝

 

1番 センター 近本光司

この打順とポジションに関しては、異論はないのではないでしょうか。

2年連続盗塁王、そして不動のセンターとして今年も大いに期待がかかります。

3割、10本塁打、30盗塁を達成してくれたら優勝はかなり近づくのではと思っております。

 

2021年キャンプでは、ドラフト1位の佐藤輝明選手にマスコミが殺到しているのでじっくり調整中。

紅白戦では3番打者で起用されているシーンが多かったですが、あれは高山&佐藤を1番で使うため。

ペナントレースでは1番に座ると思いますので、ぜひ昨年以上のさらなる活躍を期待したいところです。

 

思えば2020年、近本選手は開幕から極度の不振で苦しみからのスタートとなりました。

あれがなければ3割打っていたんじゃ?と思いますし、GG賞も獲得していたのではと感じます。

スタートダッシュが鍵だと思いますので、開幕ダッシュできるかどうか注目していきましょう。

 

【超話題】阪神近本光司愛用のサングラスSWANSとは?徹底調査してみた!

続きを見る

 

2番 セカンド 糸原健斗

金本チルドレンの糸原選手、彼もまた不動のセカンドレギュラーを掴もうとしています。

昨年はケガで離脱してしまいましたが、全てが高いレベルにあり、勝負強さもあるので当確でしょう。

糸原選手のように、安定して活躍してくれる選手の存在は貴重ですし、気持ちの強さも魅力的です。

 

今年は巨人から山本泰寛選手が加入し、さらにルーキー中野拓夢選手も入団しました。

ライバルが増えた中で誰が頭角を現すかな・・と思ってましたが、やはり糸原選手がレベル上。

紅白戦でも3打数3安打を上げていましたし、守備力も年々向上しているので活躍間違いなしです。

糸原選手の控えとして、キャンプでかなり良いアピールをしている山本選手を置いておけるのも◎。

 

2番という打順に関しては、木浪選手か糸原選手か迷ったんですが、作戦を立てやすいので糸原選手。

小技もできるので、近本選手の盗塁を増やすためのアシストもバッチリだと思ったので選びました。

 

3番 ライト 糸井嘉男

色々意見があるかもしれませんが、クリーンナップの一角はベテラン糸井選手にしてみました。

膝のケガや体調が心配なものの、やはり超人・糸井嘉男の存在感は若いチームには必要ではないかと。

井上広大・高山俊選手などライバルが多いポジションですが、開幕スタメンは糸井選手で予想。

 

2月中旬時点の紅白戦や練習試合では、まだ糸井選手は実戦に参加していません。

そんな中、他の若手選手は着実に結果を残しているので、糸井選手とて余裕ではないのは確か。

なので、3月のオープン戦での状態次第では、高山選手も選択肢としてはあるなと思っています。

(井上選手も期待の若虎ですが、現状開幕スタメンは可能性として低いかなと)

 

ちなみに、韓国本塁打王のロハスJr.選手が合流すれば、ライトはロハスJr.選手に代わるとは思います。

なので、ロハス加入前までに糸井・井上・高山の3選手がどこまで成績を残せるかが大事ですね。

 

【大人気】阪神糸井嘉男愛用のネックレスRAKUWAを徹底調査してみた!

続きを見る

 

4番 サード 大山悠輔

このポジションも今年は不動ではないでしょうか。

昨年巨人・岡本選手とホームラン王争いを競演、惜しくも2位でしたが4番サードは確定でしょう。

今年はキャプテンにも就任したので、個人だけでなくチームの成績も背負った一年となります。

 

ドラ1ルーキー佐藤輝明選手もサードが本職ですが、大山選手が本命でしょう。

キャンプでのフリー打撃のスイングや打球の質は、素人が見てもレベチだと分かるほど高いレベル。

ぜひ今年は3割、30本塁打、100打点を成し遂げて、リーグ優勝と個人タイトルを獲得して欲しいです。

 

なお、2月中旬に少し脇腹を痛めてしまって別メニュー調整となりました。

様子を見る限り大事には至ってないみたいですので、万全な状態で開幕を迎えてくださいね。

 

【徹底解説】阪神大山悠輔愛用の3種のネックレスってどんな商品なの?

続きを見る

 

5番 ファースト サンズ

ここは非常に迷ったんですけど、勝負強いバッターとしてサンズ選手を選択しました。

本来ならロハスJr.選手の想定だったんですが、長打がある得点ゲッターは他にはいないですから。

 

昨年はレフトを守っていたサンズ選手ですが、ファーストへのコンバートになる模様。

もともと韓国ではファーストを守っていたので、特に問題なくこなせそうではあります。

(キャンプのシートノックを見ている限り、ちょっと心配ですけどね・・)

 

サンズ選手に期待したいのは、昨年のようなチャンスに鬼強いバッティング(得点圏打率.333)。

ただし、シーズン後半で内角の速い球が弱点であることが分かり、大きく打率を下げてしまいました。

他球団はまたドンドン攻めてくると予想されるので、いかにサンズ選手が対応するかが注目です。

 

6番 レフト 佐藤輝明

今一番注目を浴びているこのルーキーは、開幕スタメンに名を連ねるのではないでしょうか。

4球団競合の末に獲得した大砲ですが、外野の一角を任せて良いくらい破壊力抜群の打撃は魅力です。

 

打順に関しては、クリーンナップレベルのパワーはすでにあるものの、1年目は6・7番が妥当かなと。

責任をなるべく少なくできる打順にして、三振でもいいから自由にフルスイングしてくれたらOKです。

もし成績がよければ、途中から5番打者に昇格させてもいいと思いますが、おそらく苦しむでしょう。

(大学時代も通算打率.288ですから、それ以上の打率は期待しないほうがいいですね)

 

ポジションはそもそも内野か外野かですが、今年は外野じゃないかと思います。

センターは近本選手で確定、ライトは糸井・高山・井上選手がいるので、レフトでどうでしょう。

 

虎吉くん
外野から内野ってコンバート難しいんちゃう?

 

掛布さんが「外野から内野への変更は難しいから、内野で勝負させて欲しい」とおっしゃってました。

だから1年目から内野を守らせるべきとの意見も大きいですが、僕はそれは反対なんですよね。

そもそも内野だと今年出場機会少なくなるし、別に2年目から内野頑張ってもいいやんと思います笑。

 

佐藤選手は守備力ではなく攻撃力で指名した選手なので、打撃力が最も活かされるポジションで。

これを満たせる打順・守備位置にすればOKってことで、6番レフトで私は予想してみました。

 

7番 キャッチャー 梅野隆太郎

3年連続GG賞受賞中、球界を代表するキャッチャー梅野選手もすでに当確でしょう。

昨年は開幕3連戦でスタメン外れたり、ケガで離脱もあったんですが、今年も梅ちゃん期待大です。

30歳を迎える年ですし、FA権獲得の年でもあるので、彼にとって非常に大事な年になるでしょう。

 

打撃力ある梅野選手が7番にいると相手は嫌だと思いますし、阪神としてはプラスポイント。

ただ梅野選手は、打率.250〜260くらい、得点圏打率も2020年は2割切っているのも事実です。

より上のレベルに成長して欲しいので、今年は打撃力アップに力を注いでくれたらなと思います。

 

ちなみに、2番手捕手として坂本選手もいますが、彼もまた相当有能な選手です。

梅野選手と併用とまでは言わないですが、1週間に1試合ペースで起用して欲しいと考えています。

坂本選手バッティングもかなり良いので、使えば使うほど化ける可能性があるのではないでしょうか。

 

【超人気】阪神梅野隆太郎愛用のネックレス「コラントッテ」を徹底調査してみた

続きを見る

 

8番 ショート 木浪聖也

昨年からショートの主力メンバーになり、今年さらなる飛躍が期待できる木浪選手。

ライバルが多いですが、現状で開幕スタメンは木浪選手が妥当じゃないかなという印象です。

 

打順は2番か8番で迷いましたが、意外と上位打線の層が厚いので8番にしました。

打撃は打率.250くらい残してくれれば十分、それよりも守備力アップを大いに期待したいところ。

紅白戦など実戦でもエラーが目立っていたので、もっと練習してレベルアップしないとですよ。。

 

開幕こそ木浪選手と予想しましたが、個人的にルーキー中野選手がシーズン通して活躍すると予想。

守備力はすでに木浪選手レベルかそれ以上、バッティングも素晴らしいので、ショートスタメンの機会もかなり増えるんじゃないでしょうか。

 

これは少し蛇足なんですけど、木浪・中野両選手は二人とも性格が優しすぎる気がするんですよね。

阪神のエラーの原因って、大事な場面でファンブルしてしまうメンタルの弱さにあると思っています。

かつての名手・鳥谷選手や大和選手は全然エラーしなかったですけど、彼らはメンタルが強かった。

プロの世界で活躍するためにも、メンタルをもっと鍛えて、緊張の場面でも動じない力を身につけて欲しいなと思います。

 

【超話題】阪神木浪聖也愛用のネックレスAXFを徹底調査してみた!

続きを見る

 

9番 ピッチャー 西勇輝

開幕投手は誰だ!?ってことですが、おそらく西選手が当確でしょう。

矢野監督がすでに明言していましたし、2年連続の開幕投手決定と言っていいと思います。

今年の開幕戦はヤクルトですので、おそらくライアン小川選手との投げ合いになるでしょうね。

 

西選手自身は開幕へのこだわりが強くないそうで、逆に若手の突き上げの少なさを指摘しています。

とはいえ、秋山・青柳選手は年々結果を出していますし、高橋遥人選手も期待の左腕エースに成長。

一部では藤浪選手を開幕投手に推す声もありますが、まだ信用できないですし、投手陣に示しもつかないでしょう。

今年はローテ後半で起用して、のびのび投げることと勝利数を稼ぐことを優先すべきと思っています。

 

西選手であれば、試合をちゃんと作ってくれる安心感もあるので開幕投手として適任だと思います。

シーズン通しては、若手や外国人投手がどこまで活躍してくれるかに期待して見ると良いでしょう。

 

まとめ

以上、私が考える2021年阪神タイガース開幕スタメン予想をさせていただきました。

ロハスJr.選手がいない想定で考えてみましたが、なかなかの戦力なので今年は期待できそう。

将来的には、外国人選手1名入れば十分!ってくらいの戦力になればなあと思っています。

ぜひ今年もみんなで応援していきましょう!

 

LINE@にて情報配信中!登録よろしく⬇︎

-戦力分析

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5