【阪神ドラ1】近畿大・佐藤輝明を特集!糸井二世の経歴と動画をまとめ

スポンサーリンク
draft-no1-introduction ドラフト
もーりー
もーりー

タイガースウェブ編集長のもーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

2020年ドラ1の佐藤輝明君、紹介してーな!

 

2020年10月26日、ついに開催されたドラフト会議。

そこで阪神タイガースに見事1位指名されたのが、近畿大学の佐藤輝明選手でした!

4球団競合の末、矢野監督が交渉権を引き当てた瞬間に歓喜の声が上がりましたね。

タイガースウェブでは、いち早く佐藤選手のことをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

近畿大佐藤輝明の経歴やプロフィール

名前:佐藤輝明
ポジション:サード・レフト
利き手:右投げ左打ち
身長体重:187cm・94kg
出身校:仁川学院→近畿大学

 

2020年、早川選手と並んで大学BIG2と呼ばれていた目玉選手を阪神が獲得しました。

以前から「糸井2世」と言われ、体格もさることながら、走攻守揃った選手だそうです。

ここからは、佐藤選手の経歴について書いていきたいなと思います。

 

阪神タイガースとの深い縁

実はこの佐藤選手、阪神タイガースとは縁の深い選手だということを知っていますか?

 

まず何と言っても、地元兵庫県出身であることを忘れてはいけませんね。

一昨年ドラフト1位の近本選手も兵庫県淡路島出身ですが、佐藤選手も地元の選手。

甲子園は関西人特有のヤジなどが多く、関西以外の選手はなかなか慣れずに力を発揮できないことが多いので、地元出身なのは大きなプラスポイントですね。

 

そして、さかのぼること小学校6年生の頃、佐藤選手は阪神タイガースJr.入りしています。

中学では学校の軟式野球部に所属しましたが、もともと阪神に才能を見込まれた選手。

 

このように、地元出身かつ阪神タイガースJr.という阪神に入るべき?人物なのです。

 

高校時代(仁川学院)の経歴

今でこそ有名な佐藤選手ですが、仁川学院高校時代は無名の選手でした。

高校時代から4番打者ではありましたが、最高順位が県大会4回戦で甲子園とも無縁。

仁川学院自体も進学校であり、甲子園経験もないので仕方ないとも言えます。

 

佐藤選手の転機になったが、高校2年生の秋に始めたウエイトトレーニング

プロ野球選手の夢に目覚めた佐藤選手は体を鍛え上げ、飛距離も130m超え。

高校の校舎の3〜4階まで飛ばしていたそうで、無名だったとはいえ、その才能の片鱗は高校時代にすでに見せていたようです。

 

ポジションは今と同じくサード・レフトを守っており、肩も強くて有名だったそう。

高校卒業後はプロを目指して、強豪の近畿大学へ進学することを決めることになります。

 

大学時代(近畿大学)の経歴

入学直後から、近畿大学の田中監督にその才能を見込まれることになります。

 

プロに行かさないかん素材やなと思った

 

田中監督がこうおっしゃるように、素材は一級品だったということですね。

1年生春から5番レフトでスタメン出場し、一気にその才能を開花させることになります。

 

初のホームランは、1年生秋の同志社戦。

そこから毎シーズンホームランを重ね、4年生秋に通算本塁打記録となる14号を樹立

近畿大学の先輩であり、巨人OBの二岡さんの13本を超える大記録となりました。

 

大学時代の通算打率は.288、アベレージヒッターよりパワーヒッタータイプ。

まさに阪神の糸井嘉男選手を彷彿とさせる、スケールの大きな選手に育っていますね。

 

地元の球団なのでよかったと思います。走攻守でスケールの高い選手になりたい。

 

ドラフト直後にこのように語っていましたが、ぜひ阪神で大活躍して欲しいですね!

 

矢野監督
矢野監督

佐藤選手、ぜひ阪神で大暴れしてや!

糸井 嘉男
糸井 嘉男

カモン

佐藤輝明選手の特徴や持ち味

では、佐藤選手の特徴や持ち味はいったいなんなのでしょうか。

ここでは、佐藤選手の注目ポイントを3つご紹介したいと思います。

 

規格外のパワーと逆方向への飛距離

みなさんご存知のとおり、パワーに関しては規格外です。

糸井選手もそうですが、柳田選手を思わせるような打撃を持っています。

 

30年以上監督をやっているが、スイングスピードやパワーはケタ違い。

 

こちらも田中監督の言葉ですが、それだけ力を持った選手ということですね。

 

個人的には、鉄人・金本選手のように左右どちらにも打てて打率も残せる選手が理想。

1年目からレギュラー争いに絡むくらい、アピールして欲しいなと思っています。

 

俊足と堅守

バッティングばかり注目されがちですが、佐藤選手の魅力は走・守もあります。

 

走塁は50m6.0秒の速さを持っていて、走塁面でも高い評価を得ています。

守備もフットワークがとてもよくて、なんと言っても肩が非常に強いんですよね。

まさに糸井選手や柳田選手ソックリなタイプで、オールラウンダーと言えます。

 

190cm近い身長かつ90kgオーバーの体ですから、走攻守揃っているのは貴重な戦力です。

 

マイペースで落ち着いた性格

この後にあるYouTube動画を見ていただいてもわかるように、非常にマイペースな性格

大山選手は近本選手もそうですが、マイペースな性格は阪神にフィットするんですよね。

(ヤジやバッシングが凄いので、メンタルは図太い方がいいわけです)

 

高校時代はマイペースがゆえに、自分の才能を開花し切れなかったそうですが、その性格のおかげで大学時代に花が咲きました。

プロでもコツコツ努力してくれれば、必ず活躍してくれると思うので期待は大きいです。

 

以上、佐藤輝明選手の3つの特徴をご紹介しました。

阪神タイガースがしっかり佐藤選手を育ててくれることを、切に願います!

 

佐藤輝明選手の紹介動画とバッティング映像

百聞は一見にしかずということで、佐藤選手の動画を見てもらいましょう。

まずは、佐藤選手の紹介とインタビュー映像です。

 

【密着】ドラフト2020候補 仁川学院出身近畿大学 佐藤輝明選手

さすがは地元サンテレビ、しっかり佐藤選手を密着取材していますね!笑

彼に対する監督評価や落ち着きのあるインタビュー映像が見れます。

進学校の仁川学院出身なだけあって、頭も良さそうな感じがしますね。

 

では続いて、バッティング映像です。

阪神ファンおなじみ「す・またん」の映像ですが、後半にバッティングシーンがあります。

 

【2020年 #ドラフト候補】近畿大学・#佐藤輝明 三塁手大学No.1スラッガーに密着!

めちゃくちゃ力強いスイングですね笑

見れば見るほど糸井選手っぽいんですけど、ぜひ糸井選手みたいになってください!

 

なお、ポジションに関してはサードは大山選手がいるので、レフト濃厚かなと思います。

そうなると「糸井・近本・佐藤」の外野陣になるので、夢が広がりますね。

早くレギュラー獲得して甲子園で暴れまわって欲しいです。

 

まとめ

以上、2020年阪神タイガースドラフト1位に輝いた佐藤輝明選手を特集しました。

かなりスケールの大きな選手ゆえ、まだ未完成でもあるのですが、期待値は高いです。

 

1番打者か3番打者として活躍して欲しいなと、個人的には思っています。

ぜひみなさん、佐藤選手を注目してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました