ドラフト

【阪神ドラ1】近畿大・佐藤輝明を特集!柳田二世の経歴と動画をまとめ

虎吉くん
2020年ドラ1の佐藤輝明君、紹介してーな!

 

2020年10月26日、ついに開催されたドラフト会議。

そこで阪神タイガースに見事1位指名されたのが、近畿大学の佐藤輝明選手でした!

4球団競合の末、矢野監督が交渉権を引き当てた瞬間に歓喜の声が上がりましたね。

タイガースウェブでは、いち早く佐藤選手のことをご紹介したいと思います。

 

近畿大佐藤輝明の経歴やプロフィール

ポイント

名前:佐藤輝明
ポジション:サード・レフト
利き手:右投げ左打ち
身長体重:187cm・94kg
出身校:仁川学院→近畿大学

 

2020年、早川選手と並んで大学BIG2と呼ばれていた目玉選手を阪神が獲得しました。

以前から「糸井2世」と言われ、体格もさることながら、走攻守揃った選手だそうです。

ここからは、佐藤選手の経歴について書いていきたいなと思います。

 

阪神タイガースとの深い縁

実はこの佐藤選手、阪神タイガースとは縁の深い選手だということを知っていますか?

 

まず何と言っても、地元兵庫県出身であることを忘れてはいけませんね。

一昨年ドラフト1位の近本選手も兵庫県淡路島出身ですが、佐藤選手も地元の選手。

甲子園は関西人特有のヤジなどが多く、関西以外の選手はなかなか慣れずに力を発揮できないことが多いので、地元出身なのは大きなプラスポイントですね。

 

そして、さかのぼること小学校6年生の頃、佐藤選手は阪神タイガースJr.入りしています。

中学では学校の軟式野球部に所属しましたが、もともと阪神に才能を見込まれた選手。

このように、地元出身かつ阪神タイガースJr.という阪神に入るべき?人物なのです。

 

虎吉くん
やっぱ小さい頃から有名だったのか

 

実はそんなことはなく、小中学校の先生は「普通の子だった」と話されているんですよね。

当時は体も大きくなくて、バットにボールが当たらず三振が多い選手だったそうです。

佐藤選手が頭角を現すのは高校2年生以降なので、この時期は地名度ゼロとのこと。

 

高校時代(仁川学院)の経歴

今でこそ有名な佐藤選手ですが、仁川学院高校の2年生までは無名の選手でした。

高校時代から4番打者ではありましたが、仁川学院自体進学校で甲子園経験もなし。

なので、高校も佐藤選手もこの時期はまだ全く注目されていなかったわけです。

 

佐藤選手の転機になったが、高校2年生の秋に始めたウエイトトレーニング

プロ野球選手の夢に目覚めた佐藤選手は、体をみっちり鍛え上げ、飛距離も大幅アップの130m超え。

当時ホームベースから高校の校舎の3〜4階まで飛ばして、窓ガラスを割る事件があったそう。

先生も遠方のホームベースから打ち込んだことに驚愕、その才能の片鱗を見せ始めたようです。

 

とはいえ、佐藤選手の名前は無名のまま。

そんな中、近畿大学・田中監督が佐藤選手の噂を聞きつけてバッティングをチェック。

1回のスイングを見ただけで才能を見抜き、近大でプロを目指すよう勧誘して進学したという経緯。

プロを本気で目指していた佐藤選手の転機であり、能力を見抜いた田中監督の眼力も凄いと思います。

 

虎吉くん
近大の田中監督サマサマやね

 

ちなみに、高校当時のポジションはサード・レフトを守っており、肩も強くて有名だったそう。

大学時代も同じポジションを守ったのですが、体格の割に器用でフットワークも軽いとのこと。

近畿大学に入り、その才能が一気に開花することになります。

 

大学時代(近畿大学)の経歴

入学直後から、近畿大学の田中監督にその才能を見込まれスタメンに抜擢されます。

田中監督は1年生の佐藤選手を見て、端的にこのように話されていました。

 

プロに行かさないかん素材やなと思った。

 

田中監督がこうおっしゃるように、素材は一級品だったということですね。

1年生春から5番レフトでスタメン出場し、才能と鍛え抜かれたパワーが爆発します。

 

佐藤選手の初のホームランは、1年生秋の同志社戦。

そこから毎シーズンホームランを重ね、4年生秋に通算本塁打記録となる14号を樹立

近畿大学の先輩であり、巨人OBの二岡さんの13本を超える大記録となりました。

 

大学時代の通算打率は.288、アベレージヒッターよりパワーヒッタータイプ。

まさに阪神の糸井嘉男選手を彷彿とさせる、スケールの大きな選手に育っていますね。

(ソフトバンクの柳田悠岐選手タイプとの説もありますが、典型的なパワーヒッター)

 

地元の球団なのでよかったと思います。

走攻守でスケールの高い選手になりたい。

 

ドラフト直後にこのように語っていました。

佐藤選手自ら話されてましたが、彼はもともと阪神ファンだったそう。

左のホームランバッターにとって甲子園は鬼門と言われますが、ぜひ阪神で大活躍して欲しいですね!

 

佐藤輝明選手の特徴や持ち味

では、佐藤選手の特徴や持ち味はいったいなんなのでしょうか。

ここでは、佐藤選手の注目ポイントを3つご紹介したいと思います。

 

規格外のパワーと逆方向への飛距離

みなさんご存知のとおり、パワーに関しては規格外です。

糸井選手もそうですが、柳田選手を思わせるような打撃を持っています。

 

30年以上監督をやっているが、スイングスピードやパワーはケタ違い。

 

こちらも田中監督の言葉ですが、それだけ力を持った選手ということですね。

後ろの左足に体重を残し、アッパー気味にフルスイングする姿はもはやメジャー選手。

個人的には、鉄人・金本選手のように左右どちらにも打てて打率も残せる選手が理想かなと。

 

ちなみに、佐藤選手のパワーは父・博信さん譲りだと言われています。

博信さんは元柔道日本代表で、恵まれた体格とパワーでかなり有名な選手だったそうです。

そのあたりは記事で詳しくまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

阪神佐藤輝明の父・弟が凄い!佐藤家は超スポーツエリート一家だった!

続きを見る

 

ただ、プロで通用するパワーはすでに持っているものの、打率はそこまで期待できない印象です。

大学通算成績で3割に届いていないので、プロ1年目から3割超えはさすがに期待できないですね。

とはいえホームランは結構打つと思うので、まずは1年目からレギュラーを奪うアピールを!

 

俊足と堅守

バッティングばかり注目されがちですが、佐藤選手の魅力は走・守もあります。

走塁は50m6.0秒の速さを持っていて、走塁面でも実は高い評価を得ているんですね。

 

先述のとおり、守備もフットワーが軽く、肩が非常に強い。

まさに糸井選手や柳田選手ソックリなタイプで、オールラウンダーと言えます。

足の速さがある分、トリプルスリーも狙える選手なので、将来的にクリアして欲しいと思います。

 

しかしまあ、190cmかつ90kgオーバーの体で走攻守揃っているのはかなり貴重な戦力です。

 

マイペースで落ち着いた性格

この後にあるYouTube動画を見ていただいてもわかるように、非常にマイペースな性格

大山選手は近本選手もそうですが、マイペースな性格は阪神にフィットするんですよね。

(ヤジやバッシングが凄いので、メンタルは図太い方がいいわけです)

 

高校時代はマイペースがゆえに、自分の才能を開花し切れなかったそうですが、、

その性格のおかげで、大学時代は自分のペースでトレーニングを重ねて花が咲きました。

プロでも、コツコツ努力してくれれば必ず活躍してくれると思うので、この性格はプロ向きでしょう。

 

以上、佐藤輝明選手の3つの特徴をご紹介しました。

阪神タイガースがしっかり佐藤選手を育ててくれることを、切に願います!

 

佐藤輝明選手の紹介動画とバッティング映像

百聞は一見にしかずということで、佐藤選手の大学時代の動画を見てもらいましょう。

まずは、佐藤選手の紹介とインタビュー映像です。

 

 

さすがは地元サンテレビ、しっかり佐藤選手を密着取材していますね!笑

彼に対する監督評価や落ち着きのあるインタビュー映像が見れます。

進学校の仁川学院出身なだけあって、頭も良さそうな感じがしますね。

 

では続いて、バッティング映像です。

阪神ファンおなじみ「す・またん」の映像ですが、後半にバッティングシーンがあります。

 

 

めちゃくちゃ力強いスイングですね笑

見れば見るほど柳田選手っぽいんですけど、ぜひ柳田選手みたいになってください!

 

ちなみに、佐藤選手は毎日体調を整えるためにRAKUWAというネックレスを愛用しています。

このネックレスが野球ファンの中で話題で、人気急上昇で売れに売れているそうです。

どんな種類のネックレスを愛用しているのかまとめていますので、こちらもご覧ください。

 

【売切間近】阪神佐藤輝明愛用ネックレス紹介!大人気タオル・Tシャツも!

続きを見る

 

まとめ

以上、2020年阪神タイガースドラフト1位に輝いた佐藤輝明選手を特集しました。

かなりスケールの大きな選手ゆえ、まだ未完成でもあるのですが、期待値は高いです。

3番打者か5番打者として活躍して欲しいなと、個人的には思っています。

新人王最有力候補なので、ぜひみなさん佐藤選手を注目してくださいね!

 

-ドラフト

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5