戦力分析

阪神入団2年目の近本vs赤星!部門別の成績(走攻守)を比較してみた

虎吉くん
赤星さんと近本さん比較しよう!

 

阪神の不動の1番打者として、今年でほぼレギュラーを手にした近本選手。

彼のプレースタイルはレッドスター赤星選手を彷彿とさせますが、この2人はどちらの方が良い成績を収めているのでしょう。

この記事では、2人の入団2年目までの成績を部門別に分けて比較していこうと思います。

赤星選手の偉大さや近本選手の有能ぶりが分かる内容なので、ぜひ読んでみてください。

 

赤星・近本の入団2年目までの成績比較

 

では早速、2選手の入団から2年間の成績について見ていこうと思います。

ここでは、打撃・盗塁・守備の3つの部門に分けて比較していきます。

 

打撃

メモ

赤星憲広
206試合 748打数206安打 打率.275 1本塁打 35打点
近本光司
262試合 1060打数298安打 打率.281 18本塁打 87打点

 

まずこの2選手は、ともに1年目からセンターで試合に出場して活躍しています。

赤星選手の方が試合数が少ないのですが、これは2年目に右足を骨折したからです。

とはいえ、2人ともきっちり新人からレギュラーを獲得しているのは凄いことですね。

 

成績の数字を見てわかるとおり、入団2年目時点では近本選手の方が成績を残しています

打率もさることながら、近本選手は赤星選手より長打が打てるので、ホームランと打点は大きく上回っています。

すでに赤星選手の通算本塁打数3本も超えており、近本選手は上々の滑り出しだと言えるでしょう。

 

ただ、1つだけ改善ポイントがあるとするなら、四球の少なさですかね。

つまりボールの見極めなのですが、出場試合数が56試合少ない赤星選手の方が四球は多い結果となっています。

近本選手は積極打法なので仕方ないとも言えますが、四球が増えればより嫌な1番打者になるでしょう。

 

また、赤星選手は3年目のシーズンから3年連続で打率3割を残しています。

3年目は2003年星野阪神がリーグ優勝した年で、この時に赤星選手もブレイク。

果たして近本選手も3年目でさらなる飛躍ができるかどうか、楽しみですね。

 

盗塁

メモ

赤星憲広
1年目 39盗塁 2年目 26盗塁 成功率77%
近本光司
1年目 36盗塁 2年目 31盗塁 成功率74%

 

次に盗塁数ですが、この部門に関してはほぼ横一線の状態です。

試合数が少ない赤星選手の方がペースは早いですが、2人とも2年連続盗塁王。

盗塁の成功率も3%しか変わらないので、今のところは大きな差は生まれてないようです。

 

しかし、赤星選手は3年目から一気に盗塁数を伸ばします。

3年連続で60盗塁を記録、そして5年連続盗塁王獲得という素晴らしい結果を残してます。

これは赤星選手の実力もありますが、次のバッターの金本選手が盗塁のフォローを上手くやっていたことも大きいと思います。

 

近本選手には、打撃部門でさらに成長してもらいつつ、赤星選手並みに盗塁数を増やして欲しいですね。

これができれば、阪神歴代最強の1番打者になることも夢ではないですし、3割30盗塁をぜひ目指してください。

 

守備

メモ

赤星憲広
203試合 刺殺399 捕殺13 失策4 併殺1 守備率.990
近本光司
260試合 刺殺459 捕殺15 失策7 併殺2 守備率.985

 

守備力については、若干ですが赤星選手の方が上回っているようです。

失策数が近本選手の方が多く、守備率がその分下がっているというデータです。

ただし、2人とも守備は上手いというイメージが強いので、レベルは高いと思います。

 

それ以外の肩や守備範囲に関しては、2人ともあんまり変わらないという印象。

今の守備レベルでも十分高いと思うので、現状を維持する感じでいいのではと感じます。

 

さらに2003年の赤星選手は失策はなく「ベストナイン」「ゴールデングラブ賞」を受賞。

赤星選手は3年目に打撃・盗塁とともに大きく数字を伸ばしていて、そこから不動のセンターの地位を確立したんですよね。

近本選手にもぜひ、2021年を飛躍の年にしてもらいたいと思います。

 

まとめ

以上、今回は赤星選手と近本選手の2年目までの成績比較をしてみました。

打撃部門は近本選手に軍配、盗塁・守備はほぼ横一線といった結果になりました。

赤星選手がチームの勢いとともに3年目に飛躍したように、近本選手もワンランク上のプレーヤーにステップアップしてくれることを切に願っています。

-戦力分析

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5