トレンド情報

【キャンプDAY9】ドラ1佐藤が大爆発&高山絶好調!初の対外試合をリポート

虎吉くん
キャンプ9日目のリポートよろしく!

 

さて、今日はキャンプから9日目になります。

初めての対外試合で日本ハムとの試合が組まれていて、若虎たちがたくさん出場します。

その試合で気になった選手やポイントを中心にここでご紹介できたらなと思っております。

ドラ1佐藤や西純矢選手など、期待の選手たちはどんな活躍を見せてくれたのでしょうか。

 

キャンプ9日目のメニュー

では、いつもどおりメニュー表をご紹介したいと思います。

 

 

今日は日本ハムからの試合が午後からあるので、午前中から個別メニューが入っていますね。

なので、あまり厳しいメニューはなさそう、、と思いきや、試合後の「デス2です!!」がある笑。

明日はオフなので、ここぞとばかりにDEATHメニューが組み込まれているわけですね。。

 

そして朗報として、スアレス選手が今日から合流となりましたね!

あと残すは韓国からの新助っ人陣の合流を待つのみ、続々と選手が集まってきていて楽しみ。

引き続き助っ人とベテランは試合に参加せず、別メニューで淡々と調整してくれるようです。

 

キャンプ9日目のニューストピック

 

さて、9日目のニューストピックをお伝えしていこうと思います。

今日は何と言っても対外試合がメインなので、その内容と結果を書いていきますね。

 

西純矢、3回3失点も及第点

対外試合の開幕投手は、注目の西純矢選手でした。

結果的には3回3失点でしたが、ストレートの球威もあり、3つの三振も奪っていたので及第点かなと。

次の登板機会も得られそうな内容だったので、ぜひまた頑張って欲しいなと思いました。

 

課題としては、やはり制球力ではないかと思います。

71球という球数はさすがに多かったですし、特にランナーを背負った時の球威と制球力が落ちる印象。

レベルとしては、一軍に残れるかどうかの当落線上あたりかな〜と私は思いました。

 

今年に関しては、阪神タイガースの先発投手陣がかなり層が厚いです。

若手期待の西投手といえど、次も同じような結果なら二軍行きもあるかもなので、ファイトです。

 

1番・高山俊が絶好調!

今期に賭ける男のバットが止まりません。

紅白戦で2試合連続マルチ安打を放っている高山選手、今日も5回にタイムリーを打ちました。

高山選手らしい、内角を上手くさばいてライト線に持っていった技ありのヒットでしたね。

 

これで全試合ヒットを打っていて、外野のスタメン争いで一歩リードとなりました。

毎年キャンプからオープン戦で結果を残し続けていますが、今年も好調をキープしています。

 

高山選手が外野のスタメンに入れば、打率.280、10本塁打くらいは期待できるのではないでしょうか。

なので、今年は高山選手をスタメン固定しつつ、ドラフト1位佐藤選手と併用で個人的にはいいかと。

彼のバットコントロールはやっぱり天才的なので、打撃力アップのためにもぜひ使って欲しいですね。

 

そして、対外試合後はデスノックを受けていました。

左右に永遠にノックを打たれ、途中で何度もぶっ倒れてましたね笑。

これは足腰の鍛錬だと思いますが、一生懸命頑張っていたのでつい応援したくなる選手です。

 

2番・佐藤輝明が大暴れの3安打3打点

今日のメイントピックはどう考えてもこの男でしょう。

初の対外試合で猛打賞を記録、さらにチーム初の本塁打を放ち破壊力の高さを見せつけました。

変化球をライト前、本塁打、そしてストレートをライトに二塁打と、対応力が高いことをアピール。

 

私の個人的な感想としては「変化球こんな上手く打てたんかいな!」という嬉しい驚き。

一方で「二軍レベルの投手の球やしな・・」という冷静な感覚もありました。

とはいえ、結果として虎の第一号をぶっ放してくれたのは高評価ですね。

 

ホームランの飛距離は魅力的だし、打球の速さを見ても尋常じゃないパワーやなと。

もはやルーキーではなく、助っ人外国人が1人加わったような感じに見えますよね笑。

まあ一軍レベルの投手と対戦した時に、どこまでやれるかをチェックしないとってとこですかね。

 

9番・井上広大の成長が著しい

私が今日もっともワクワクしたのは、井上選手の素晴らしい成長でした。

紅白戦でも難しいコースをヒットにしていましたが、この日も痛烈な二塁打を放ちました。

 

もちろんそれも素晴らしいんですけど、1打席目のレフトフライに注目して欲しいです。

3ボール0ストライクから、144kmのストレートを強振した積極性や自信は褒めるべきと思います。

惜しくも深いレフトフライとなりましたけど、当たりどころ良ければ確実にホームランだった雰囲気。

 

世間はドラ1佐藤選手で話題ですが、私は密かに井上選手の方が活躍するのでは?と思っています。

打撃の安定感や確実性がめちゃくちゃ増しているので、そこそこ数字も残せるのではないでしょうか。

守備の課題はまだあるのでエラー等あるかもですが、ここは打撃に全振りして使って欲しいですね。

 

中野拓夢の積極性◎

キャンプ前からショート木浪選手のライバルとして注目されていた中野選手。

守備力の高さが売りだと聞いていたんですけど、実戦では打撃力が目立っている印象です。

藤浪選手の速球をヒットしたり、タイムリー三塁打打ったりなど、鋭いスイングは意外でした。

 

この試合でも途中出場したんですが、2度の出塁でともに盗塁を仕掛けて積極性をアピール。

どちらも盗塁失敗に終わったんですが、必死にプレーしている姿がとても好印象でしたね。

木浪選手とのショート争いは甲乙つけがたいのが現状、シーズン中もこれは続きそうです。

 

中野選手はまだちょっと固さがあるので、実戦の守備でもエラーしていました。

でも、社会人時代の動画を見る限り、もっと上手くプレーできる選手だと思います。

守備の機会が少ないので評価できないものの、安定した守備があればショートスタメンありますね。

 

まとめ

新戦力や若手選手がたくさん活躍していて、これから非常に楽しみな一日になりました。

今年の阪神、もうほんとに選手層が一気に厚くなったのでスタメン争いも熾烈ですね。

これから対外試合が増えてきますので、またリポートしていきたいと思います!

 

LINE@にて情報配信中!登録よろしく⬇︎

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5