トレンド情報

【野手編】阪神春季キャンプ実戦の打撃成績ランキングをまとめてみた

虎吉くん
キャンプでの実戦成績振り返ろう!

 

2021年阪神春季キャンプも残りわずかとなりました。

かなり激しい練習をこなしている姿を見て、今年こそは!という期待が膨らみますね。

これからオープン戦が始まりますが、その前に現時点での実戦成績を振り返っておきましょう。

果たして、キャンプ期間中に誰が結果を残し、評価を上げているのでしょうか。

 

キャンプ期間中の野手成績

 

今回の記事では、野手陣の成績を中心に振り返っていこうかなと思います。

キャンプ期間中は、外国人・ベテラン・レギュラー組は実戦参加がほぼありませんでした。

したがって、スタメン争いもしくは一軍生き残りを目指す若手メンバーが主体になっております。

 

打率ランキング

打率TOP5

1位 高山俊    打率.444
2位 中野拓夢   打率.429
3位 佐藤輝明   打率.424
4位 坂本誠志郎  打率.308
5位 小野寺暖   打率.286

 

打率ランキングはこちらのとおりです。

紅白戦からずっと好調をキープしている高山選手が、かなり良い感じで数字を残しています。

素人目から見ても、今年にかける意気込みや気合いを感じますし、期待できそうですね。

 

そして、やはり特筆すべきは2・3位にルーキーが入っていることでしょう。

連日「佐藤輝明!」とメディアが沸騰していますが、2位は堂々の中野拓夢選手です!

 

【阪神ドラ6】中野拓夢は開幕ショートスタメン最有力?経歴と特徴や魅力を紹介!

 

ドラフト6位で入団した遊撃手で、守備に注目されていましたが打撃でもパワー発揮中。

もちろん佐藤選手も大活躍中、おそらく開幕スタメンは濃厚になったのではないでしょうか。

 

私個人的には、ここに中堅の北條・中谷・木浪選手が入っていないのが少し寂しい気持ち。

ウカウカしてると中野選手がスタメン奪っちゃう可能性もあるので、オープン戦での奮起に期待。

 

本塁打ランキング

本塁打TOP5

1位 佐藤輝明   2本
2位 陽川尚将   1本
2位 坂本誠志郎  1本
2位 小野寺暖   1本

 

本塁打に関しては、そもそもまだ4人しか打っていません笑。

でもその中で、ルーキー佐藤輝明選手が2本打っていて、しかも1本が場外弾なのが特徴的。

彼の破壊力が想像以上だったのは嬉しいですが、打率も本塁打も結果出せているのも凄いところ。

 

そして私が注目しているのが、育成選手である小野寺選手。

大商大出身の2年目の若手選手で、紅白戦でチーム第一号の本塁打を放ったムードメーカー。

彼のスイングは楽天の浅村選手そっくりで、フルスイングするので飛距離も出る楽しみな選手。

打つとベンチが盛り上がりますし、支配下登録されれば一軍にも抜擢されるかもなので要チェック。

 

ちなみに、大山選手や外国人選手はほぼ実戦に出場していないので本塁打もなし。

オープン戦で佐藤選手がどれだけ打つのか、さらに他の選手が頭角を表すのか期待ですね。

 

打点ランキング

打点TOP5

1位 佐藤輝明   8打点
2位 北條史也   3打点
2位 陽川尚将   3打点
2位 原口文仁   3打点
4位 木浪聖也   2打点
4位 高山俊    2打点(他6人)

 

こちらも堂々の1位に輝いたのが、佐藤輝明選手。

打点では他の選手を圧倒する結果を叩き出していて、勝負強さも強烈にアピールしています。

チャンスでも関係なくフルスイングするので、打ち損じでもポテンヒットしたりなど良い傾向です。

 

そしてようやくランクインしたのが、北條選手。

3打点という数字は少し物足りないかな、、と思いますが、ここぞの場面で打っている印象です。

陽川選手や原口選手もチャンスに打っているイメージなので、なかなか良いのではと思います。

 

ただ中堅選手に感じるのは、後がないプレッシャーからか全体的に硬いですね。

仕方ない部分かもしれませんが、もっとリラックスして打席や守備について欲しいなと。

特に北條選手は緊張感を見ている方も感じるので、思いっきりプレーするよう頑張ってください!

 

キャンプで名を上げた野手

 

では、打率・本塁打・打点も踏まえて、どの選手がキャンプで評価を上げたでしょうか。

キャンプでの普段の様子や調子なども加味しながら、独断と偏見でお伝えしていこうと思います。

 

佐藤輝明

実戦での成績を見てもわかるとおり、もう彼は文句なしでしょう。

全部門で2位以内にランクインしていますし、また打席での内容も素晴らしいと大好評。

「最初の2〜3年はファームでOK」と言っていたファンも大歓喜、開幕スタメン濃厚でしょう。

 

ただ個人的には、彼のメンタルの強さや大物感漂う雰囲気に魅力を感じています。

打てば打つほど在阪メディアが騒いでいる中、浮ついた態度やコメントは一切なし。

また、打席でのルーティンや練習風景を見ても、ベテラン選手かと思わせるほどの落ち着き。

 

佐藤選手は性格がマイペースな分、良い意味で周りに流されないんだと思います。

シーズンに入っても、自分のペースでしっかりプレーして、結果を残してくれるのではないでしょうか。

 

【阪神ドラ1】近畿大・佐藤輝明を特集!糸井二世の経歴と動画をまとめ

 

中野拓夢

これまたルーキーですが、三菱自動車岡崎から加入した中野選手がひときわ目立っています。

先ほどご紹介したとおり、打率2位にランクインするなど打撃力の高さを猛アピール中です。

守備が注目されていた中、打撃も凄かったことは嬉しい誤算でしたし、期待の大きな選手。

 

虎吉くん
肝心の守備はどうなんや?

 

実戦ではエラーを記録したりなど、目立ったプレーはまだありません。

ですが、ノックや特守の練習風景を見ているかぎり、かなり守備も上手いと思われます。

グラブさばきやフットワークを比べても、他の選手よりもレベルが高いと感じますね。

 

中野選手の最大のライバルは、昨年遊撃手で最も出場試合が多かった木浪選手。

ですが、私個人的には木浪選手と並ぶくらいの魅力がある選手だと思っています。

ポイントは開幕までのオープン戦でしょうから、ここで熱いバトルを期待したいなと思います。

 

高山俊

私のイチオシ選手なんですが、高山選手は相当評価を上げていると思います。

打率トップなのはもちろんですが、矢野監督いわく「心技体すべてで充実している」とのこと。

確かに今年のキャンプの高山選手、例年以上に状態が良い感じに見えるのでとても楽しみ。

 

虎吉くん
高山選手、毎年キャンプはいいよね・・

 

確かにこの時期はいつも調子いいんですよね、高山選手。

でも、今年は本当に気合いの入り方が違いますし、バッティングも覚醒した感じがします。

 

昨年は開幕スタメンの予定だったものの、コロナで開幕延期になったことで調子を崩しました。

今年は無事開催できると思うので、あと1ヶ月このまま成績を残せば開幕スタメンあるでしょう。

ドラフト1位の有能な選手なので、2021年に大きく花開いて欲しいなと切に願っています。

 

まとめ

以上、キャンプ期間中の野手成績をまとめてみました。

佐藤輝明選手が目立ってますが、それ以外のルーキーや中堅選手もしっかり結果を残してますね。

いよいよオープン戦が始まりますので、次は誰が活躍するのか注目していきたいと思います。

 

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5