トレンド情報

【キャンプDAY27】競争激化!覚醒・高山俊&伏兵・小野寺暖が大爆発!

虎吉くん
キャンプ27日目のリポートよろしく!

 

キャンプも残り2日となった2月27日、今日は中日との練習試合がありました。

いよいよ外国人選手や主力組も実戦参加し、開幕の準備が始まってきましたね。

若手選手のサバイバル、そして主力選手の調整状況はどうなっているのでしょうか。

実際に試合を見た感想と結果について、私なりの感想も含めてお伝えしていきます。

 

キャンプ27日目のメニュー

さて、本日の宜野座キャンプメニューはどんな内容だったのでしょうか。

 

 

今日は中日のホームグラウンド北谷にて、13:00から練習試合が行われました。

居残り組は宜野座で練習となりましたが、明日28日のヤクルト戦には大山選手も出場予定とのこと。

 

先発は青柳選手ということで、、気になるのはやっぱり雨。

と思っていたら、青柳選手を乗せたバスが着くやいなや雨が降り始めました笑。

中日サイドも雨柳さんの噂は知っていたらしく、午前中から騒然となっていました。

(結局雨も止んで試合はちゃんと行われましたけどね!)

 

今日のポイントは、サンズ・マルテ・糸井選手がスタメンに入っていることですね。

主力組見参!と言いたいところですが、彼らとてレギュラーではないのでアピールが必要。

若手同様、どんなプレーをするのか注目ですし、一軍生き残りをかけた争いも楽しみです。

 

キャンプ27日目のニューストピック

 

ここからは、中日との練習試合を中心にお伝えしていこうと思います。

 

佐藤輝明、少々お疲れモード

チーム内紅白戦以来、好調をキープしてきた佐藤選手ですが、この日は3打数無安打。

デッドボールやエラーでの出塁もありましたが、大きな当たりはなく少々お疲れのようでした。

初のキャンプですし、かなり激しいトレーニングをやっていたので仕方ないかなとも思います。

 

ただ、やはり光るモノを感じたのも事実です。

まず1つは、疲れている中でも常にフルスイングが出来ていることです。

確かに空振りもあるんですが、豪快なフルスイングゆえに当たればホームラン感が凄い。

ピッチャーはかなり脅威に感じているでしょうし、これは今後もずっと継続して欲しいですね。

 

この佐藤選手のフルスイングが影響しているのか、チーム全体もスイングが鋭くなっている印象。

解説者の方も「中日より阪神の方が振れている」と話されていましたが、打撃は好調なようです。

大物ルーキー加入により野手陣の戦力底上げが期待できるので、佐藤選手の存在は大きいでしょう。

 

近本光司・糸原健斗のコンビが躍動

矢野監督が明言した開幕1・2番コンビが、初めて実戦で登場しました。

沢村賞の中日・大野選手から連打で1点を奪い、早速結果を出したのは素晴らしかったです。

個人的にもこの2人の上位打線が良いと思っていて、2番の糸原選手は特に小技ができるので。

 

この2選手は昨年ともに打率.290代を残しており、打撃面を見ても信頼できると思われます。

クリーンナップに佐藤・大山・外国人選手を並べるとなれば、なかなか強力な打線になりそうです。

そのためにも、まずはこの2選手を上位で固定して出塁率をキープすることが大事だと感じます。

 

青柳&藤浪が順調も少し不安?

青柳・藤浪選手がそれぞれ3イニングずつ投げましたが、そこそこ順調かなと感じました。

青柳選手は安定感があり無失点、藤浪選手は多少荒れ気味でしたが1失点で難なくクリア。

二人とも開幕ローテーションに一歩前進といった印象で、いい感じではないでしょうか。

 

ただ一方で、少し不安や課題も見えたかなと思います。

青柳選手はランナーを抱えた時のコントロールにバラつきがあり、苦しんでいるシーンがありました。

もともと荒れ球投手なんですが、クイックの際にちょっと悪化したので修正して欲しいなというところ。

 

藤浪選手は、たまに抜ける球があってヒヤッとするシーンがあったのが気になるところ。

青柳選手と一緒で荒れ球投手なので、ある程度は仕方ないでしょうけど、にしてもコワイ球が多い。。

夏場など疲れが溜まってきた時にコントロールしきれるのか、そのあたりの不安要素は拭えません。

 

この2選手がローテーションを守って安定した活躍をしてくれれば、相当勝てると思っています。

なので、オープン戦でのアピールも大事ですが、きちんと体のメンテナンスもして調整して欲しいです。

 

高山俊が開幕スタメン最有力か

紅白戦から絶好調を維持している高山選手ですが、今日も3打数2安打1犠飛と活躍。

オープン戦はこれからとはいえ、現状では最も結果を残している選手と言えるでしょう。

激しい外野手争いの中で、高山選手が開幕スタメン奪取に向けて抜け出してきたなという印象。

 

今年はオープンスタンスで打撃フォームをガラッと変えていますが、これが大ヒット中。

鳥谷選手や中村晃選手のような見た目ですが、これが高山選手には合っている気がします。

彼が外野の定位置を奪ってくれれば、佐藤選手はレフトかサードを守らせる構想になるでしょう。

 

もともと打撃センスは抜群の選手ですので、順調にいけばスタメン出場は可能。

あとは昨年のように不調にならなければなので、オープン戦もこの調子で頑張ってください!

 

伏兵・小野寺暖の評価が急上昇中

育成2年目の小野寺選手が特大ホームランを放ち、評価がうなぎ登りです。

紅白戦で実戦第1号を打ったのも彼でしたが、フルスイングとパワーが魅力満点。

性格も明るく愛されキャラなので、ベンチにいるだけでチームの雰囲気が良くなる選手でもあります。

 

現状では支配下選手枠が1つしかないので、そこを小野寺選手と鈴木選手で争っている状況。

2選手とも一軍の宜野座キャンプに参加中ですので、アピールの絶好のチャンスと思っているでしょう。

オープン戦でも帯同となるかは不明ですが、個人的にはぜひ支配下に登録されて欲しいですね。

 

ちなみに、小野寺選手は打撃だけではなく肩も非常に強いんですよね。

今の外野陣の中でも一番強いと言われていて、守備自体も結構いいので十分使えると思います。

過去でいえば原口選手のように、支配下即一軍抜擢みたいなサプライズも期待しちゃいますね。

 

まとめ

以上、キャンプ27日目の中日との練習試合を中心にリポートしました。

毎日若手選手のアピールが凄くて嬉しい限りですが、中堅メンバーの意地も見たいところ。

翌日28日は開幕カードでもあるヤクルトとの対戦ですので、そこでの活躍を期待しましょう!

 

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5