助っ人外国人

阪神ロハスJr.大不振も3割30本濃厚な4つの理由。交流戦から大爆発を予言!

虎吉くん
阪神ロハスJr.選手大不振やな・・

 

2021年5月中旬まで、ロハスJr.選手が21打席連続無安打で大ブレーキとなっていますね。

期待の新助っ人なだけに、阪神ファンのため息が聞こえてきそうですが、少し心配です。

しかしながら、私はロハスJr.選手は3割30本を記録できるくらい成功すると思っています。

その理由を中心に、この記事でお伝えしていきます。

 

【阪神】韓国2冠王メル・ロハスJr.マジ有能!プロフィールと成績と動画を紹介

 

ロハスJr.が活躍する3つの理由

 

新型コロナの影響で来日が遅れていたロハスJr.選手ですが、二軍調整を経て一軍昇格。

しかし21打席無安打が続き、本当にちゃんとヒットが出るのか?という心配すらしてしまいます。

阪神ファンは「ロサリオの二の舞」だけは避けたいという、強い願いと恐怖を持っています。

 

とはいえ、今回のロハスJr.選手はロサリオ選手より確実に良い成績を残すことを断言します。

それはなぜなのか、解説していこうと思います。

 

気の強い性格

ロサリオ選手と比べて、ロハスJr.選手は大らかで気も強いので大コケすることはないでしょう。

そもそもロサリオ選手がダメだった理由は、気の弱さが大きな原因だったと言われています。

 

韓国時代の成績を見てみると、実はこの二人はほとんど変わらない好成績を残しています。

打率3割、30本、100打点をクリアしていますし、三振数でいえばロサリオ選手の方が少ないくらい。

実績としては申し分ないのですが、阪神で成功するには気の強い性格が必要になると言えます。

 

阪神はご存知のとおり、人気球団ゆえにプレッシャーが非常に大きい。

打てば神様扱いですが、打てなければ強いバッシングに合う過酷な環境です。

ロサリオ選手は不振の時のバッシングとプレッシャーに勝てず、より不調になったわけです。

 

でもロハスJr.選手は、助っ人外国人らしい大らかさとチャンスに強いメンタルを持っています。

なので、例え調子が悪くても、バッシングを受けても、大崩れせず立ち直れる雰囲気があります。

もともと実力と実績はあるので、大不振さえなければコンスタントに数字は残せると思います。

 

スイッチヒッター

ロハスJr.選手の非常に大きなプラスポイントは、スイッチヒッターであることです。

このおかげで、日本で活躍できる確率がグンと高まったと言っても過言ではないですね。

 

それはなぜかと言うと、日本特有の外に逃げるスライダーへの対応が不要になるからです。

スイッチヒッターは投手の利き手と打席が逆になるので、外へのスライダーはなくなりますよね。

ロサリオ選手は右打者だったので、右投手のスライダーにてんてこ舞いになったわけなんですけど。

 

この点において、ロハスJr.選手は日本特有の攻め方に適応する必要性がないと言えます。

もちろんその他にも、落ちる球や厳しい内角攻めなどハードルはありますが、外スラよりまし。

なので、韓国時代の打率から大幅にダウンするようなことはないと予想できます。

 

サンズ効果

意外と影響が大きいと思われるのが、ジェリーサンズ選手の効果ではないかと思っています。

ロハスJr.選手とサンズ選手は韓国時代から仲が良く、ロハスJr.選手の阪神入りもサポートしました。

彼が阪神にいることは、ロハスJr.選手にとって非常に大きなプラスとなるのではないでしょうか。

 

まず1つ目は、身の回りの生活環境が整うという点です。

この2選手は奥さん同士も仲が良いらしく、日本でもご近所さんで交流があるとのこと。

海外生活は孤独や文化の違いなどのストレスが大きく、野球の成績にも影響するので非常にプラス。

また神戸の街並みは外国人にとって快適らしく、ヴィッセル神戸のイニエスタ選手もお気に入り。

こういった生活環境の安定は、ロハスJr.選手の成功の要因にもなるでしょう。

 

そして次に、日本の野球に関するアドバイスがあります。

サンズ選手は今年で2年目なので、ロハスJr.選手よりも日本の特徴を理解しているでしょう。

またサンズ選手はアドバイスを積極的にやってくれて、実際ロハスJr.選手にも教えてましたね。

佐藤輝明選手にも毎日アドバイスして、そこから覚醒したとも言われているくらいです。

ぜひメッセンジャー選手のような立場になって欲しいなと思います。

 

外国人間での競争意識

2021年の阪神の特徴として、助っ人外国人同士での熾烈な争いがあります。

一軍登録5枠を8選手が争っているので、活躍できなければすぐに二軍行きとなってしまいます。

この激しい争いがあるからこそ、ロハスJr.選手も必死で活躍する努力をしてくれるでしょう。

 

野手で言えば、サンズ・マルテ選手が絶好調ですから、余計にロハスJr.選手も焦るはずです。

かつての外国人はスタメン出場当たり前だったので、必死に結果を追い求める姿は少なかった印象。

特に阪神は元MLBの往年スラッガーを獲得することが多く、メジャー復帰を目指していないので、一生懸命プレーしないことが多々ありました。

 

ロハスJr.選手はメジャー志向が強く、日本での活躍はとても大事なステップだと思うので、この競争意識がプラスに働くと思っています。

韓国打撃二冠王とて、日本での成功は容易ではないですから、ここからの頑張りに期待しましょう。

 

まとめ

以上、ロハスJr.選手が日本でも大活躍するという理由についてご紹介をしてきました。

日本の野球に慣れるまでは少し時間がかかりそうですが、必ず活躍して優勝に貢献してくれるでしょう。

気の短い阪神ファンが多いですが、、長い目で見て応援していきましょう!

 

-助っ人外国人

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5