トレンド情報

【必見】元阪神・伊藤隼太YouTube配信の要望と2つの絶対NGなこと

 

虎吉くん
伊藤隼太さんYouTube始めたらしいね!

 

ネットニュースになっていましたが、元阪神タイガースの伊藤隼太選手がYouTubeチャンネルを開設したそうです。

この記事では、伊藤隼太選手のYouTubeに対しての世間の反応や私の意見をお伝えします。

さまざまなプロ野球OBが野球系YouTuberとして活動しているなか、現役復帰を目指している戦力外選手が配信するのは結構珍しいですよね。

果たしてYouTube配信はどんな方向性でやった方がいいのか、色々と語って見たいと思います。

 

伊藤隼太の経歴やプロフィール

ポイント

名前:伊藤 隼太
出身:愛知県瀬戸市
生年月日:1989年5月8日
身長体重:177cm・82kg
利き手:右投げ左打ち
キャリア:中京大中京ー慶應義塾大

 

伊藤隼太選手はと言えば、2011年阪神ドラフト1位で入団した選手です。

慶応大学時代は主にクリーンナップを打っていて、4年生の頃には主将も務めていました。

 

鳴り物入りで入団し、2012年ルーキーイヤーの開幕には8番ライトでスタメン起用されています。

本来はマット・マートン選手の予定でしたが、故障もあり期待の高かった伊藤選手が抜擢されたんですね。

 

しかしながら、周囲の期待とは裏腹に結果をなかなか残せず、一軍のレギュラーに定着できず。

代打起用などはあったものの、二軍暮らしが長くなり2020年シーズンで阪神を戦力外となりました。

なんとなくですが、早稲田から日本ハムに鳴り物入りで入団した斎藤佑樹投手と重なる部分があると思っています。

大学時代に大きな実績を上げてプロに入ったものの、その実力をなかなか生かすことができなかった部分で共通していますよね。

 

2021年には年齢も32歳になるので、プロの世界で言えば中堅クラスの選手となります。

トライアウトを受けたものの所属先が決まっておらず、海外移籍も含め移籍先を探している状態だそうです。

個人的には台湾や韓国であればまだまだ活躍できるのではと思っているので、日本にこだわらず海の向こうでのキャリアも選択肢に入れて欲しいなと思います。

 

YouTubeチャンネル開設の世間の反応

 

現役復帰を目指して頑張っている中、伊藤隼太選手はYouTubeチャンネルを新たに開設しました。

突然の報道に阪神ファンも戸惑っていましたが、すでに開設済みで動画も1本投稿されていましたね。

 

世間の皆さんの反応が気になるところですが、その前に私個人の意見を言わせていただこうと思います。

 

個人的には、YouTube活動は賛成です。

理由としては、まず人が新しいことに挑戦することに対しては応援したいのが原則だからです。

というかそもそも、プロ野球選手は戦力外で収入が一気にゼロになるわけですから、逆に新しいことを始めない方が危険です。

給料が保証されているサラリーマンですら副業する時代ですから、保証も何もないプロはこういう活動を早い段階からやっておくべきと思うんですね。

 

私の意見はこんな前向きな感じですが、果たして世間はどういった反応をしているのでしょうか。

ここでは、Twitterの内容を一部抜粋してご紹介したいと思います。

 

 

まずはやっぱり、阪神タイガースの同僚だった原口選手のツイート。

こうやってきっちり紹介してくれるあたり、さすがは人格者・原口選手やなと思いますし、関係性も良かったんだろうなと思います。

原口選手自身もがんを患った経験があるので、伊藤隼太選手の気持ちがよくわかるのではないでしょうか。

 

 

こちらが伊藤隼太選手本人のツイートです。

私もすでにチャンネル登録済みですが、まだの方はぜひ登録しておいてくださいね。

ちなみに虎党のお笑い芸人・陣内智則さんもリツートされていて、結構拡散されているようですね。

 

批判の声が多いかなと思ったんですが、コメント見る限り前向きに捉えている方が多いイメージ。

戦力外になっても努力していることを知っている阪神ファンが、応援コメントを残しているようです。

 

 

これ、めっちゃいい考察だったので掲載させていただきました。

後半でお伝えしますが、プロ野球OB系のYouTuberはすでに飽和、かなり苦戦しているのが現状です。

特に田尾さんや川上さんなどの後発部隊の方々は、ぶっちゃけあまり稼げていないでしょう。

 

そんな中で、さらに知名度が低い伊藤隼太選手がどうYouTubeを運営していくのでしょうか。

 

YouTube配信の要望

 

さて、ここからは伊藤隼太選手への要望と絶対に避けるべき2つのポイントを書いていこうと思います。

私自身、YouTubeのプロデュース業もやっている立場なので、経験者として伊藤隼太選手におすすめしたいコンテンツを勝手に提案できたらなと思っています。

 

虎吉くん
隼太選手見て欲しいな。。

 

まず結論から言うと、伊藤隼太選手には「現役復帰へのプロセス」を配信して欲しいと思います。

なぜなら、人は人のストーリーを見るのが好きだからです。

ドラマや映画好きな人がめちゃくちゃ多いのがその証拠ですよね。

 

近い人で言えば新庄剛志さんが良い例で、48歳がどう現役復帰するのかというプロセスに注目が集まりましたよね。

結果はトライアウト不合格でしたけど、視聴者はプロセスを注目していたので結果は関係ないわけです。

 

また、NiziUというガールズグループが爆発的人気を得ていますが、これも視聴者にストーリーへの共感が生んだヒットです。

10代の無名の女の子がなぜ一躍有名になったかと言えば、Niziプロジェクトという過酷なオーディションで、努力し、成長していく姿に共感したからです。

 

伊藤隼太さんで言えば、戦力外から努力して現役に返り咲くプロセスを配信するといいと思います。

本気で努力して取り組んでいる姿を見せれば、応援者は増え、いいコンテンツになるはずです。

 

絶対やってはいけない2つのNG

 

伊藤隼太さんがYouTubeを配信するにあたり、絶対にやってはいけないことを書いておこうと思います。

(ご本人がもし見ていたら、ぜひ肝に命じて欲しいなと思います。。)

 

プロ野球系YouTubeはNG

高木豊さん・片岡篤史さん・岩本勉さん・上原浩治さんなど、歴戦のOBがやっているような動画は絶対にダメです。

これにはいくつか理由があって、だいたいこんな感じです。

 

ポイント

すでに飽和している
現役のメリットを失う
立ち位置と知名度が違う

 

まずそもそも、プロ野球系YouTuberは飽和しています。

みんな内容も似通っているので、これから参入しても無理です。

 

また、プロ野球系YouTuberはOBだからこそできる内容なので、現役の強みを生かせません。

ダルビッシュさんやマエケンさんは「MLB」というブランドを上手く活用していますが、伊藤隼太選手の場合は「戦力外」という誰も持っていないブランドを使って差別化すべきです。

 

そして何より知名度が違います。

彼らはプロ野球界のレジェンドだからこそ、多くの人が昔話などを聞きたいと思うわけですよね。

例えば、王さんがYouTubeチャンネルを解説して長嶋さんとのエピソードを語れば、視聴数が爆発的に伸びるはずです。

ただ伊藤隼太選手が同じことをしても、コアなファンしか見ないので結局稼げません。

 

なので、自分とOBの方々の立ち位置を間違えないようにしないともれなく失敗します。

 

エンタメ系はNG

Twitterのコメントで「プロスピ動画配信して」とか「阪神の選手と対談動画見たい」とかありました。

ただ言っておきますが、これは絶対にやめた方がいいです。

 

理由は言いにくいのですが、伊藤隼太選手の世間のイメージがそれほど良くないからです。

現状が戦力外選手の身であり、かつて女性問題もあった方なので少し軽いイメージがあります。

そんな人がエンタメ系をやってしまうと、確実に炎上するしファンは離れていくでしょう。

(プロスピはダルビッシュさんのような超一流の成功者だから配信できるだけです)

 

逆に伊藤隼太選手が真面目に努力している動画を配信したら、ものすごく伸びると思います。

日々のトレーニング風景や、プロを夢見る子供達へのアドバイス、ボランティア動画など。

もしご家族が出演可能なら、家族との幸せそうな動画を出せばすごく反響あると思います。

こういう悪いイメージを壊す動画を出すことで、ファンはどんどん増えるのではないでしょうか。

 

まとめ

元阪神タイガースの伊藤隼太選手のYouTubeチャンネルについて、色々と書いてみました。

少し考察が多くなってしまいましたが、新しい挑戦は人としてファンとして全面的に応援します。

ただ、YouTubeの方針を間違えてしまうと失敗する可能性が高いので、慎重に運営して欲しいです。

 

なお、このタイガースウェブではコロナ禍でも楽しく応援できるグッズを紹介しています。

ぜひこちらの記事も読んでみてくださいね。

 

【厳選】コロナ対策OK!2021年阪神応援おすすめグッズ10選

続きを見る

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5