トレンド情報

阪神糸原健斗の好成績を支える強靭なメンタルはどう形成されたのか?

虎吉くん
今期絶好調の糸原健斗選手について詳しく知りたい!

 

2021年開幕直後から打撃絶好調を維持している糸原健斗選手。

2016年ドラフト5位でJX-ENEOSから阪神に入団したのですが、1年目から主軸として活躍。

そんな糸原選手、素晴らしい成績の裏に実は強靭なメンタルを持ち合わせているのです。

この記事では、彼のメンタルを形成した度重なる挫折経験をご紹介したいと思います。

 

糸原健斗選手のおすすめ応援グッズはこちら⬇︎

【厳選】阪神糸原健斗のおすすめ応援グッズ5選はこちら!

続きを見る

 

糸原健斗の挫折人生

 

いまや阪神タイガースに欠かせない、リーダー的存在の糸原健斗選手。

毎日大活躍の彼ですが、その活躍の裏に度重なる挫折を乗り越えた経験があるのはご存知でしょうか。

 

高校時代

糸原選手の母校は、島根県にある名門・開星高校。

先輩には巨人・梶谷選手など豪華な選手がいるのですが、彼は高校3年生の夏に挫折を味わいます。

甲子園大会1回戦・仙台育英戦で、高校野球ファンお馴染みの事件と敗北を喫してしまったのです。

 

開星5-4仙台育英、9回表2アウト満塁、仙台育英の平凡なセンターフライでゲームセット。

・・という打球を、センターがまさかの落球で開星5-6仙台育英と逆転されてしまいます。

そして迎えた9回裏、2アウト1・2で糸原選手が大飛球を打つも、レフトが大ファインプレーで終了。

 

最後の夏、主軸としてチームを牽引してきた自分に責任を感じて落ち込んだそうです。

素人からすれば甲子園出場だけでも凄いと思うのですが、向上心の強い糸原選手らしいですね。

当時の映像をアップしてくれている方がいましたので、ここに載せておきます。

 

 

大学時代

高校時代の苦い経験を乗り越えた糸原選手は、名門・明治大学に進学します。

明治大学では1年秋から公式戦出場、3年生には春秋連続でサードでベストナインに選出。

順風満帆でプロ入りの夢も目前に迫った矢先、またしても糸原選手に試練が訪れます。

 

練習試合の時、左足のデッドボールを受けて運悪く骨折

リハビリを終えて4年生で公式戦復帰するも、怪我の影響で大不振となりプロ入りならず。

自分も周囲もプロへの期待が高まっていた中での出来事で、再び挫折を味わう結果となりました。

 

虎吉くん
糸ちゃん辛かったやろうな・・

 

本当にそう思います。。

最後のチャンスとしてJX-ENEOSへ入社するのですが、明治1学年下の高山・坂本がドラフト指名。

現在は全員阪神タイガースのチームメイトですが、後輩が先にプロ入りしたのも悔しかったでしょう。

 

JX-ENEOS時代

社会人野球に進み、1年目から早くもスタメンを獲得した糸原選手。

走攻守で高いレベルに到達していた糸原選手、今度こそはプロ入り目前と思われていました。

しかしながら、またしても糸原選手の目の前にいくつもの試練が訪れることとなります。

 

JXでの試練

都市対抗でチームが予選敗退
二遊間ではなくサードで出場
成績残せずプロからの注目度低

 

社会人時代の糸原選手は、チーム・個人ともに思うような成績を残せませんでした。

また、プロからの注目度が高い二遊間からも外されてしまい、絶望感を味わってしまいます。

 

チームの勝利に貢献できず、日本代表にも入れなかった。

社会人の2年間には悔しさばかりが残っています。

 

糸原選手本人もこのようにコメントしているとおり、社会人でも挫折を経験しています。

プロ入り最後のチャンスの社会人ですから、不安や焦りもすごかったことでしょうね。

 

虎吉くん
糸原選手はなんでプロ入りできたんや?

 

努力の鬼である糸原選手を、野球の神様はちゃんと見ていたんですね。

 

糸原健斗のプロ入りエピソード

何度も挫折を乗り越えてきた糸原選手ですが、彼を発掘したのは金本知憲前監督です。

走攻守揃ったハイレベルな選手ということで金本さんが目をつけ、ドラフト指名したという経緯。

 

きっかけは、金本さんと糸原選手が「アスリート」という共通のジムに通っていたことです。

直接の面識はなかったものの、ジムの代表から糸原選手の魅力を伝えられていたとのこと。

 

虎吉くん
それだけで指名したの?

 

本格的に指名が決まったのは、JX-ENEOS vs 大阪ガスの試合を金本さんが視察したとき。

金本さんは大阪ガスの酒居投手(ロッテ2位)を見に行ったのですが、その試合に糸原選手も出場。

この試合で活躍した糸原選手を見て、金本さんはぜひ指名しようと決められたそうです。

 

その他、2016年から阪神のコーチに就任した久慈さんが、JX-ENEOSのOB。

糸原選手が良いという情報は持っていたらしく、金本さんに推薦したとも言われています。

こんないろんなきっかけやご縁により、阪神タイガースから5位指名されたということです。

 

虎吉くん
金本さん指名してくれてありがとう!

 

阪神を引っ張る中心人物になるとは思ってませんでしたが、金本さんの見る目には脱帽。

大山選手も単独指名でしたし、金本さんご指名の選手は本当に素晴らしい活躍をしてくれます。

糸原選手も、これからさらに飛躍して結果を残してくれたらなと思います。

 

糸原健斗選手のおすすめ応援グッズはこちら⬇︎

【厳選】阪神糸原健斗のおすすめ応援グッズ5選はこちら!

続きを見る

 

まとめ

以上、糸原選手のこれまでの挫折経験やプロ入りのエピソードをご紹介しました。

彼の強靭なメンタルは、プロ入り前の悔しい経験で培われており、現在の成績にも繋がっています。

2021年シーズンはかなり良い成績を残しそうなので、皆さんで期待・応援していきましょう。

 

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5