虎の恋人

【高校BIG4】大阪桐蔭・関戸康介特集!プロフィールや特徴・魅力を紹介!

虎吉くん
大阪桐蔭の関戸選手について教えて!

 

大阪桐蔭の右腕・関戸康介選手が高校BIG4としてプロ注目選手として話題になっていますね。

潜在能力もさることながら、すでに実力は超高校級レベルにまで進化しています。

そんな関戸選手とは一体どんな経歴と特徴を持った選手なんでしょうか。

2021年プロ注目の右腕についてまとめておりますので、ぜひ読んでみてください。

 

大阪桐蔭・関戸康介のプロフィール

プロフィール

名前:関戸 康介
出身:長崎県佐世保市
生年月日:2003年4月14日
身長体重:178cm・80kg
利き手:右投げ右打ち
50m:5.9秒
キャリア:ホークスJr.ー明徳義塾中ー大阪桐蔭

 

幼少期〜小学生時代

長崎県佐世保市で生まれ育った関戸選手は、小学校1年生の頃から野球をスタート。

地元のチーム「セインツジュニア」に所属し、当時から野球センスの高さが評判だったそうです。

 

小学校6年生の時、その実力が認められてホークスJr.に選抜され有名になりました。

球速はすでにMAX130kmに到達していて、身長も170cmくらいまで伸びて注目を浴びました。

テレビ「ミライモンスター」でも特集され、一気に全国区の選手になったのを覚えています。

 

 

長崎県の関戸少年が、どの強豪硬式野球チームへ加入するのか注目が集まっていました。

数ある選択肢の中、彼が選んだのは軟式野球の名門・明徳義塾中学だったことに周囲も驚きました。

 

中学生時代

なぜ関戸選手は、地元の長崎県を離れて明徳義塾中学に進学したのでしょうか。

その理由は、明徳の神谷洋隆監督から直接勧誘を受け、考え方に共感したからだそうです。

 

神谷監督の指導方法が自分にぴったりだった。

この人のもとで野球をやりたい。

 

こう感じたことから、親元を離れて高知県の中学へ進学することを決めたそうです。

小学校6年生でこんな大きな決断ができるなんて、本当に頭が良くて度胸もあるんだなと思います。

 

中学では、1年生の頃から3年連続で全国大会に出場して登板。

ベスト4・準優勝を経験し、球速はなんとMAX146kmまで大幅にレベルアップ。

テレビでもたびたび特集されて、スーパー中学生として全国でも注目の選手に成長しました。

 

虎吉くん
世代No.1投手として大注目だったわけやね

 

しかしながら、同じ高知県に関戸選手を超える怪物中学生がいたんですね。

高知中学の森木大智選手で、中学3年生でMAX150kmを記録した超人が出現。

関戸選手の最強のライバルであり、また中学時代からよく交流していた友人でもあるとのこと。

 

素晴らしい野球環境の中で大きく成長し、関戸選手はそのまま明徳義塾高校へ進学。

と、思いきや、中学3年生で佐世保の中学校に引っ越した後、大阪桐蔭へ進学を決めました。

 

その理由について、関戸選手はこうインタビューに答えています。

 

自分をさらにレベルアップするには、環境を変えないといけないと思いまして、指導者の方にお願いして地元に戻ることにしました。

 

なんというストイックさでしょう。。

 

しかも大阪桐蔭は推薦ではなく、一般入試で合格して進学したんだそうです。

大阪桐蔭は偏差値60くらいある進学校なので、かなり勉強もしたんでしょう。

文武両道、まさに大阪桐蔭の大先輩・根尾昂選手を彷彿とさせる有能な選手ですね。

 

高校時代

大阪桐蔭に進学してからは、怪我に苦しむ日々が続いています。

 

まず1年生の頃は、秋の大会から控え選手としてベンチ入り。

岸和田高校戦で2番手で登板し、素晴らしいピッチングで公式戦デビューを飾りました。

前評判どおりの好投で、2回3奪三振を奪って将来のエース候補として名を轟かせました。

 

しかしここから怪我に苦しむ時期が訪れます。

1年生秋の大会終了後、右肋軟骨を痛めてしまい、大事な冬場はリハビリ中心の生活。

さらに3月に入った時期に、練習試合で右中指を骨折してしまい投げ込み練習ができず。

そして、2年生夏の大会後に右股関節を痛め、調子を落としてしまう時期が続きました。

 

満足のいく練習ができない期間を乗り越え、満を持して甲子園に挑戦することになります。

スーパー中学生から苦しい高校生活を経て、どこまでレベルアップしているのか楽しみですね。

 

関戸康介の特徴や魅力

では、関戸選手の特徴や魅力は一体どんなところにあるのでしょうか。

ここでは、彼の凄いところを中心にご紹介していこうかなと思います。

 

根尾二世と評判の勤勉家

幼少期から見込まれた才能だけではなく、普段から非常にストイックな努力家だそうです。

中学から寮生活を送ったり、明徳ではなく大阪桐蔭を自ら選択するなど、行動からも明らかですよね。

 

彼はいつも「野球で世界一」「100点でないと満足しない」と口にしているそう。

また熱心な読書家だそうで、野球関連ではなくメンタルや自己啓発の本を毎日読んでいるとのこと。

プレースタイルだけではなく、性格面までも根尾昂選手そっくりだとコーチの方々も話されています。

 

スポーツに才能は絶対必要ですが、それに努力も加わって初めて一流の選手になれると思います。

その能力を関戸選手は持っているみたいなので、高校卒業後の活躍も期待できる有望株ですね。

(あまり自分に厳しすぎても・・とも思うので、抜くところは抜いて欲しいですけど笑)

 

MAX154kmの豪腕

高校2年冬の時点で、すでにMAX154kmまで球速を記録しています。

これは2年生の夏の大会で出した記録なので、3年生になってさらに球速アップしている可能性あり。

ちなみに、甲子園での最速記録は、日南学園・寺原隼人さん(元プロ野球選手)の158kmです。

 

球速だけで見れば、もはやプロ野球選手レベルと言えるでしょう。

一方でこれ以上の球速は必要ないと思いますし、178cmという身長からも限界が近いと感じます。

また、関戸選手は右股関節を痛めて以来、バランスを崩して荒れ球にが目立つようになったそうです。

 

今後の課題としては、怪我をしない体づくりと制球力アップでしょう。

当然素材は一級品なので、しっかりと足腰の基礎を鍛えてプロを目指して欲しいなと思います。

 

最強のライバル・松浦慶斗の存在

プロ注目の逸材である関戸選手ですが、彼はエースナンバーをつけていません。

背番号1をつけているのは、高校生No.1左腕と呼び声高い松浦慶斗選手なのです。

さすがは大阪桐蔭、選手層の厚さが尋常ではないですよね。。

 

松浦選手もMAX150kmのスーパー高校生で、ドラフト1位候補の逸材です。

恵まれた体格、多彩な変化球、高い制球力を兼ね備えており、大阪桐蔭の二枚看板として注目度大。

松浦選手のご紹介はこちらで詳しく書いていますので、彼もぜひチェックしてくださいね。

 

【高校BIG4】大阪桐蔭・松浦慶斗は早川二世の超一級品!経歴や特徴を紹介!

続きを見る

 

松浦選手という最強のライバルが身近にいることは、関戸選手にとって幸運でしょう。

関戸選手は主にリリーフとしての登板が多いですが、ぜひ先発の座を勝ち取って活躍して欲しいです。

 

まとめ

以上、高校BIG4である大阪桐蔭の右腕・関戸康介選手の特集をさせていただきました。

MAX154kmの直球と4種類の変化球を持つ、スーパー高校生として活躍が大いに期待されています。

同じく大阪桐蔭の左腕・松浦慶斗選手とともに、ぜひ注目と応援をしてくれたら嬉しいなと思います。

 

-虎の恋人

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5