鳥谷か北條か木浪か。阪神ショートスタメン争いはこの選手に決まり!

阪神のショートスタメン デイリー
tigers-short-regular
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表のもーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

ショートのスタメン誰がええんやろ?

 

阪神ファンなら、ショートは結局誰が守るのかと疑問に思っている人も多いんじゃないでしょうか。

それもそのはず、金本監督が就任してから3年以上もショートのレギュラーが決まっていませんから!

守備の要所であるショートが固定されないと、チームの守備力はなかなか安定しませんよね。

そこで今回は、ショートのレギュラー争いは誰が勝者となるのか検証していこうと思います。

 

鳥谷vs北條vs木浪の結末はどうなる?

まず始めに言っておきますが、この3選手は全員大好きなんですよ!!

だから、全員スタメンで出てくれたら、なんなら阪神の選手全員スタメンでみたい!!!

そんな気持ちであることを、阪神ファンのみなさんは理解いただけますよね??

 

しかし、現実的にショートのポジションは1つしかないので仕方ありません。

ここで、誰がショートのレギュラーになるべきなのかを語ろうと思います。

 

鳥谷敬は代打の切り札になるべき

鳥谷選手は今年で38歳、北條&木浪選手は25歳になります。

今後の阪神も見据えて、鳥谷選手のレギュラー化はやめるべきだというのが持論です。

 

虎吉くん
虎吉くん

そんな!我がトリ様が見たいねん!

 

阪神ファンがどれだけ鳥谷選手が好きかは知っていますし、貢献度も計り知れない。

それに鳥谷選手を固定したら、ある程度の成績を残すことは間違いないでしょう。

それでもやっぱり、世代交代を考えると北條選手か木浪選手に譲るべきです。

 

そして鳥谷選手を、代打の切り札として抜擢すると良いと個人的には思っています。

その理由は、「勝負強さ」「出塁率の高さ」があるからです。

 

今の阪神タイガースの弱点は、チャンスにめちゃくちゃ弱いところですよね。

だから、チャンスに起用できる選手をベンチに温存しておく作戦は必要だと思うんです。

さらに、鳥谷選手は選球眼が良いので、ピンチで登場すると相手投手も嫌なはずです。

なので、鳥谷選手をショートのスタメンで使うのはやめて、代打専任にすべきだと思います。

 

北條史也の打撃力を使うべし

では、北條選手と木浪選手のどちらをスタメンで使った方が良いのか。

結論からいえば、北條選手をスタメンで起用すべきだと思っています。

 

この理由は、やっぱり昨年62試合ながら打率.322を残したという実績があります。

打撃力に定評がある北條選手ですが、昨年はようやく実力を発揮できたという印象。

2019年は3割いける」と自分でもおっしゃっていたので、何かを掴んだと思うんです。

 

一方の木浪選手ですが、オープン戦から調子が良くて開幕スタメンを勝ち取りました。

でも、今の阪神打線に求められるのは「打力」なので、そこは実績的にも北條選手が上かなと。

木浪選手はもともと守備的な選手なので、打力はそこまで期待できないのが現実だと思います。

なので、北條選手をスタメンで起用して、上位打線の怖さを出した方がいいんじゃないでしょうか。

 

阪神打線はなぜ貧打?8試合連続3点以内の4つの理由。

 

メンタルと勝負強さで北條史也が優勢

木浪選手の母校である亜細亜大学の生田監督が、木浪選手のことをこう評価していました。

 

なんせ、すぐ緊張するんですよ。せっかくチャンスをあげても、使えばエラーになったり。彼になかったのは自信だけ。

 

かなり辛辣な意見ですが、つまりはメンタルを鍛えて強くならなければダメだということです。

一方の北條選手は、木浪選手に比べるとまだメンタルが強いですし、プロでの経験も積んでいます。

メンタルと勝負強さを考慮すると、とりあえず北條選手をスタメン起用すべきと言えると思います。

 

あとは、実戦での結果だけです。

まずは打率3割に乗せて、守備も無難にこなせればレギュラー獲得は目の前。

しっかりここから頑張って欲しいなと思います!!

 

まとめ

今の現状を見て、ショートスタメンは北條選手で固定してもいいんじゃないかと思います。

木浪選手を押す人もいるんですけど、未知数の選手を固定するのはリスク高すぎだし。。

ぜひ北條選手はスタメンを実力で勝ち取って、打撃面で苦しむチームを引っ張ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました