2019年阪神タイガース開幕スタメンを予想!守備と打順も解説!

2019年阪神開幕スタメン予想 デイリー
tigers-member-forecast
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表のもーりーです

虎吉くん
虎吉くん

2019年開幕スタメン気になるやで!

 

こんなソワソワした気持ちになっているタイガースファンに向けた記事です。

ここでは、私の独断と偏見が入った「2019年開幕スタメン」を発表したいと思います。

1985年に生まれてから、34年タイガースファンである私の経験も踏まえての予想です!

打順と守備について私なりに見解を書いていますので、ぜひ読んでください。

オープン戦での打撃成績

では早速ですが、まずは2019年の打撃成績はどうなっているのでしょうか。

オープン戦成績


3月23日終了時点での打撃成績は、上記のとおりです。

特徴的な選手を3人ピックアップして解説していこうかと思います。

期待のドラ3木浪聖也が評価急上昇中

タイガースファンのみなさんならご存知でしょう、木浪選手が大爆発中!

オープン戦打率.389は12球団1位、出塁率も4割超えで堂々の成績となっています。

福本豊さんも、関本賢太郎さんも、金村義明さんも、開幕スタメンと断言されていました。

虎吉くん
虎吉くん

ライバルはおれへんのか?北條選手とか

その通り、北條選手も昨年打率3割を残しましたから、強力なライバルですね。

ただし、オープン戦で結果残せていないので、開幕スタメンは厳しいんじゃないかな。。


ちなみにこの木浪選手と北條選手、同級生でかつ高校時代から青森のライバルでした。

木浪選手は青森山田、北條選手は光星学院のショートで、お互い注目選手だったんですね。

結果、木浪選手は甲子園には出場なし、北條選手は甲子園準優勝となりプロ入り。

再び始まった2人の戦いから、目が離せないですね!

ベテラン鳥谷敬が虎視眈眈

ここ数年、不本意な成績となっている鳥谷選手がオープン戦で打率.320を残しています。

今年はショート一本で勝負していますから、北條・木浪選手とポジション争いとなります。

2000本安打も達成したベテランですから、出場すれば結果を残す確率は高いですよね。

ただ不安なのは、鳥谷選手の守備なんですよね。。。

2年前から守備力がガクッと落ちてきた印象なので、力を取り戻せるか。

オープン戦ではミスが目立っていないので、期待は高まるばかりですね!

ドラ1近本光司がセンター最有力に躍進中

春季キャンプ中から木浪選手が注目され続けてきましたが、ドラ1の近本選手もアツいんです!

何と言っても盗塁数は12球団1位の6個を記録していて、打率.283もなかなかの成績。

近本選手も木浪選手同様、名だたるOBが開幕スタメンと断言していますね。

あと個人的には、地元の兵庫県出身であることも好きな理由なんです。

兵庫県の社高校出身で、関西学院大学、大阪ガスとずっと関西チームで育ってきた選手。

こういった選手こそ、地元の甲子園で活躍することで盛り上がると思うんですよね。

ぜひ持ち前の俊足を生かしたプレーを見せてください!!

2019年開幕スタメン(打順&守備)

では、私なりに考えた2019年開幕スタメンを発表したいと思います。

まずは、全ポジションと打順をご紹介しましょう!

1.木浪  
2.近本  中
3.糸井  右
4.大山  三
5.福留  右
6.マルテ 一
7.鳥谷  遊
8.梅野  捕

この打順とポジションとした理由を解説しましょう!

木浪は当確、ただしセカンドで!

上でご紹介したとおり、木浪選手はそのまま開幕スタメンで起用されることは濃厚でしょう。

ただし、ショートではなくセカンドで出場するのではと予想したのが注目ポイントです。

虎吉くん
虎吉くん

じゃあ誰がショートやるんや!?


こんな声が聞こえてきそうですが、私は鳥谷選手がショートやるんでは?と予想しました。

その理由は単純明快で、チーム2位の打率.320を残しているからです。


金本監督や矢野監督に共通していると感じているのが、実績出した選手を使うというスタンス。

ベテランも若手も関係なく勝負している中、しっかり結果を残しているんだから文句なし。

それに加え、鳥谷選手の今年にかける思いは並々ならぬものですから、使いたくなるでしょうね。
(オフシーズンはアルコール一切飲まず、ショート奪取に向けて超本気らしい)

ちなみに、木浪選手はオープン戦でもセカンド出場の機会が増えています。

昨年全試合出場した糸原選手は、少し調子が悪いのでスタメン落ちの危機です。

これらのことを総合して判断すると、セカンド木浪、ショート鳥谷はあるのかなと思います。

4番は侍ジャパン大山悠輔で勝負

打線で最も重要な「4番」は、おそらく大山選手で固定するでしょう。

昨年はロサリオ選手で大コケしちゃったので、彼の出来次第で順位は決まると言えるでしょうね。



オープン戦を見る限り、正直大山選手を4番で使うのは役不足では?と思った。

だけど、侍ジャパンから戻ってきて雰囲気もガラッと変わったので期待は大です(^^)

ぜひ3割30本目指して、全試合4番で出場できるように結果を残してください!

6番ファーストはマルテ?ナバーロ?

外国人野手の起用は、マルテ選手かナバーロ選手になるかと思います。

おそらく、マルテ選手が開幕スタメンでいくでしょうけど、その後は併用かなと考えています。

虎吉くん
虎吉くん

なんでナバーロ選手とちゃうの?

これは「新外国人」「左右のバランス」という理由があると思います。

新外国人というのは、マルテ選手をまずは使ってみようという単純な理由です。

そして左右のバランスは結構気になっていて、このオーダーだと左偏重になるんですよね。

ですから、右のマルテ選手はどうしても使いたいという理由もあるんです。

ただし、ナバーロ選手も2年目を迎えて、日本の野球にも対応してくるでしょう。

マルテ選手が不調な時はナバーロ選手がカバーしてくれる構図になれば良いですね!

まとめ

ここまで、2019年阪神タイガースの開幕スタメンを予想してきました。

開幕戦は3月29日、京セラドームとなりますので、今から楽しみですね!

では最後に、開幕予想オーダーを振り返っておきましょう。

1.木浪  二
2.近本  中
3.糸井  右
4.大山  三
5.福留  右
6.マルテ 一
7.鳥谷  遊
8.梅野  捕


新人が1・2番を務め、4番が大山選手とか超しびれる打線じゃないですか!?

今年も全力で阪神タイガースを応援していきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました