阪神木浪の守備が凄い3つの理由とは。北條とのレギュラー争い優勢のワケ。

木浪の守備 デイリー
tigers-kinami-defensive
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表もーりーです!

 

虎吉くん
虎吉くん

木浪選手の守備って何が凄いの?

 

阪神タイガース2018年ドラフト3位入団の木浪聖也選手が、守備で魅せていますね。

もともと守備に定評があった木浪選手ですが、彼の守備は一体なにが良いのでしょうか。

この記事では、木浪選手のショートの守備について解説していこうと思います。

 

阪神木浪の守備はいったいなにが凄いのか?

プロ野球OBの解説者たちは、みんな口を揃えて「木浪の守備が良い」と言いますよね。

私自身、野球は少年野球しか経験がないので詳しく分からないのですが、一体なにが良いのでしょう。

ここでは、プロ野球OBの方々が共通して言っている3つのポイントについてお伝えします。

 

無駄な動きが少ない

ボールの捕球、投げる動作、送球すべてで無駄な動きがないというのが評価ポイントだそうです。

ショートは守備の要であり、左右に早い打球が飛んでくるため、動きに無駄があってはいけません。

木浪選手は、打球が飛んできてから送球まで、無駄な動きがほとんどないんだそうです。

 

実際にプレーしているシーンがyoutubeにありましたので、貼っておきます。

社会人No.1ショート木浪聖也の守備・打撃!スイングが独特「波をうつように」打つ【2018ドラフト阪神3位指名】

素人には凄さがあまり伝わらないんですが、無駄な動きは一切ないことは確かですね。

三遊間の深いところの捕球、そこからのスローイングまでの動きも軽快。

プロの解説者の方々は、肩も強いっておっしゃってましたので、鬼に金棒でしょう。

 

送球が正確である

木浪選手のファーストまでの送球は、かなり正確かつ強いと評判です。

送球の正確さといえば、サードを守る大山選手がダントツで素晴らしいのは有名な話。

肩の強さでいえば、かつての不動のショート鳥谷選手を彷彿とさせますよね。

 

とまあ、百聞は一見にしかずということで、こちらも動画を載せておきます。

阪神 木浪 聖也『安定した守備 7連発!』 vs 横浜DeNA 2019年5月4日甲子園球場

正面の打球が多いとはいえ、ファーストへの送球はかなり正確だとわかりますね。

ぜひ鳥谷選手のような「守備の名手」になれるよう、ガンバって欲しいですね!

 

グラブさばきが華麗で上手い

ここからは高度な技術論になりますので、私は正直よくわかりません!笑

これは金村義明さんがおっしゃっていたのですが、グラブが下から出るから凄いのだそうです

 

虎吉くん
虎吉くん

グラブが下から出ると何が凄いんや?

 

それは私も分かりませんが、あらゆる打球に対して柔軟に対応できるから凄いんだとか。

下からすくい上げると、イレギュラーにも強いのでミスが少なくなるようです。

 

北條史也とのレギュラー争いで優勢なワケ

5月8日時点ではありますが、現状では木浪選手がもっともショートのレギュラーに近いです。

最大のライバルである北條選手よりも優勢なのですが、なぜ木浪選手の評価が高いのでしょうか。

 

一番の理由は、守備の安定ではないかと思っています。

 

上記の3つの理由のとおり、木浪選手の守備力はかなり高いと言えます。

ショートは守備力が最も必要とされるポジションなので、いくら打撃が良くてもダメなのです。

素人の私から見ても、北條選手より木浪選手の方が守備は上手いことは分かりますからね。

 

蛇足ですが、北條選手と木浪選手は同じ年であり、しかも同じ青森県内の高校に通っていました。

北條選手は光星学院、木浪選手は青森山田出身で、高校時代は北條選手が甲子園で大活躍。

そのまま北條選手は阪神入りし、木浪選手は亜細亜大学へ進学、その後に阪神入りで再会します。

 

すでにライバル同士で刺激し合っているとは思いますが、二人のレギュラー争いは見応えあります。

どちらがレギュラーを獲得してもおかしくない実力者どうし、今後の活躍が楽しみですね!!

 

まとめ

守備に定評のある木浪選手が、なぜ守備が上手いと言われているのかを解説してみました。

これから観戦する際は、ぜひ木浪選手の華麗なショートの守備に注目してもらえれば嬉しいです。

勢いに乗ってきた阪神タイガース、ルーキーの活躍に大いに期待して応援しましょう!!

 

⬇︎木浪選手の大人気のタオルはこちら!


阪神タイガース グッズ 木浪 マフラータオル 背番号0 ゴールド 2019【応援 観戦 公式 承認 タオル HANSHIN Tigers】

コメント

タイトルとURLをコピーしました