泥沼連敗中の阪神に期待感しかない3つの理由をファンは理解せよ!

阪神の期待感 デイリー
tigers-expect-reason
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表のもーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

巨人に泥沼3連敗。。もうあかんで。。

 

東京ドームでの巨人との3連戦で、みなさん意気消沈していませんか。

私はお酒を飲みまくって、この悔しさと怒りを沈めております笑。

そんなみなさんに、あえて「阪神タイガースは期待感しかない」と思う理由をお伝えします。

これを最後まで読めば、また明るく元気に阪神を応援することができるでしょう。

 

阪神タイガースに強い期待感が持てる3つの理由

巨人との3連戦で、阪神7得点に対して、巨人25得点という大きな打力の差を見せつけられました。

めちゃくちゃ悔しいし、打たれたくない坂本・丸・岡本がホームラン打ってて怒りがこみ上げます。

 

とはいえ、冷静に考えて今の阪神タイガースには期待感しかないと思うんですよね。

それはなぜか、3つの理由をお伝えしていこうかと思います。

 

12球団No.1の投手力は健在

巨人戦で先発ローテーションが一回りしましたが、出来自体はまあまあだったかなと。

ヤクルト戦のメッセ・岩貞・西は完璧でしたが、巨人戦のガルシア・青柳・浜地は炎上。

つまり、後半の3枚がしっかりすれば、とんでもなく強い先発陣が完成されるはずですよね。

 

ガルシア選手は、巨人戦では崩れてしまいましたが、昨年2桁勝利を記録している実力者。

青柳選手と浜地選手の枠には、秋山・小野・才木、そして藤浪選手が控えており、選手層が厚い。

ゆえに、5・6枚目の先発投手もいずれ埋まると考えると、先発はあまり心配はいらないだろうと。

 

で、中継ぎ陣に関しては言うまでもなく鉄壁ですから、投手力はやはり健在だなと思うわけです。

これはポジティブ要素であり、一年間安定した防御率を残せるのは間違いなさそうです。

 

梅野隆太郎の復帰

昨年からほぼ正捕手の位置を掴み取った梅野選手が、戦線離脱せず戦列に復帰することが決定

扇の要である捕手に、梅野選手がいるかどうかで全然変わるので、超安心しました。

 

梅野選手は巨人との1戦目、ファーストの岡本選手と交錯して左足の薬指を骨折しました。

戦線離脱が濃厚と言われていたのですが、梅野選手の強い要望により、即日実戦復帰!!

おそらく4月6日広島戦からマスクをかぶると思うので、これも間違いなくプラス材料。

 

代役で出場していた坂本選手も素晴らしい選手ですが、今のところ梅野選手の方が信頼できるかな。

ぜひ阪神投手陣をしっかり牽引して、正捕手の座をつかみとってほしいものです!

 

チーム打率は上がるしかない

今、巨人のチーム打率は.302で、阪神のチーム打率は.183です。

確かに巨人打線は数字残しているし、阪神の貧打っぷりは深刻です。

 

でもですよ、この数字のままペナントレース進むと思いますか??

一応、昨年のチーム打率をおさらいの意味で載せておきますね。

 

阪神の打率

 

トップのヤクルトが打率.266、阪神は打率.253。

2018年シーズンも貧打の印象が強かったのですが、今の打率より7分も高かったのです。

いくら貧打とはいえ、今の阪神の打率のまま進むことはなく、必ず打線は復調します。

これだけ強力な投手陣がいる阪神ですから、打率.250くらい残せれば勝機は必ずあります。

 

阪神ファンのみなさん、ここ6試合の貧打っぷりで弱気になるのはわかります。

けど、これから上がり目しかないので、上昇気流を生み出す役割を私たちが担おうじゃないですか!

 

広島カープに勝ち越せば勢いに乗る!

さて、いよいよ鬼門のマツダスタジアムですね。

東京ドームでコテンパンにやられましたが、ローテーションも表だから勝機はあります!

そろそろ打撃陣も復調してくるころですし、ますます期待が高まりますね。

 

今日はしっかり4点以上得点して、メッセンジャー選手に白星をプレゼントしましょう。

遠慮なくフルスイングして、広島カープファンで埋め尽くされたスタンドにブチ込もうぜ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました