【2019年ドラフト候補】創志学園・西純矢に阪神熱視線!経歴や投球動画まとめ!

虎の恋人西純矢 特集記事
tigers-draft-nishijunya
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表もーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

2019年虎の恋人教えてーな!

 

今回は、2019年ドラフト候補の中から虎の恋人を特集しようと思います。

私が今注目しているのが、創志学園の絶対的エースである西純矢選手です。

昨年の夏の甲子園大会で大暴れ、一躍有名になったのも記憶に新しいですよね。

この記事では、西選手とはどんな人物なのかをご紹介していこうと思います。

 

西純矢のプロフィールや経歴

阪神西純矢

名前:西 純矢

出身地:広島県廿日市市

身長:184cm

体重:79kg

高校:創志学園

利き手:右投げ右打ち

 

 

広島県に生まれ育ち、小学校2年生の時から軟式野球をスタートさせています。

当時から実力は頭一つ抜けていたそうで、中学に入って硬式野球チームに所属します。

「ヤングひろしま」というチームで、中学2年生の頃には全国優勝を経験。

中学3年生になると身長180cmを超え、球速もMAX136kmまで上昇。

 

その力を認められ、中学3年生で野茂英雄さんが運営しているNOMOジャパンに選出。

背番号14を背負い、アメリカ遠征を経験してまた一回り成長することになります。

ちなみに、アメリカ遠征の時に野茂さんからフォークを学んだそうですが、2日で習得したそう。

 

野茂さんのフォークといえば、メジャーリーガーを手玉に取った伝説のボールですよね。

それを短期間で習得できるわけですから、相当野球センスが高いんじゃないでしょうか。

 

創志学園時代の甲子園成績

鳴り物入りで創志学園に入学した西選手ですが、1年生の春から早速ベンチ入りを果たします。

2017年夏の大会では、1年生ながら救援投手として4試合に投げて結果を残します。

 

そして2018年の夏の大会では、エースとして4試合に投げて4完投(1完封)で岡山県大会優勝。

注目の2年生投手として挑んだ甲子園大会、初戦の創成館戦で「人生最高の投球」を披露。

MAX149kmの速球を中心にスライダーを操り、6者連続を含む16奪三振で完封勝利

 

虎吉くん
虎吉くん

ほ、本物やないか。。

この試合をきっかけに、早速関西のマスコミは「虎の恋人」と報道開始笑。

関西圏内の高校ですし、スカウト陣もそこからずっと密着マークしているようです。

2019年の夏の甲子園に出場できるかは分かりませんが、ぜひマウンド姿を見たいものですね。

 

西純矢のピッチング(投球)動画

では、実際に西選手はどんなピッチングをしているのかを見てもらいたいと思います。

2018年夏の甲子園での最高の投球シーンを、どうぞご覧ください。

 

スター誕生 創志学園 西純矢 16奪三振 まとめ創成館戦

少し長いですが、ピッチングシーンを見れば彼の魅力がすぐに伝わると思います。

ゆったりとしたフォームから繰り出される速球とスライダーは、切れ味抜群ですね。

バッターも手も足も出ない状態になっているあたり、コントロールと切れが素晴らしい証拠。

 

打ち取った後の「ガッツポーズ」は話題になりましたが、この闘争心も魅力の1つ。

(その後、過度なガッツポーズは控えるように指導は入りましたが。。笑)

これくらいガッツがある高校生、ぜひとも阪神タイガースに欲しいと思うのは当然ですよね。

 

虎吉くん
虎吉くん

西くん、先発の席空けて待ってるで!

西純矢が阪神にくるべき3つの理由

さて、ここまで西選手の紹介をしてきましたが、なぜ虎の恋人だと私が思うのか。

その理由については、以下3つあると考えております。

 

関西圏内の高校出身であること

1つ目の理由は、関西圏内の高校出身であるということです。

 

虎吉くん
虎吉くん

なんで関西やとええんや?

 

関西圏内の何が良いかといえば、2つ理由があるかと思っています。

 

まず1つ目は「関西特有の文化を理解できるから」です。

関西って独特な文化があるので、ヤジやバッシングなどに対する免疫が必要なのです。

2018年ドラフト1位の近本選手は良い例で、淡路島出身ということで1年目から大活躍中。

なので、甲子園を本拠地に持つ阪神タイガースの選手は、関西出身がベストだと思っています。

 

そして2つ目は「阪神ファンに愛されやすいから」です。

関西人は関西を愛している人が多いので、関東より関西の選手の方が応援することが多いです笑。

象徴的なのが、現阪神OB会長に川藤幸三さんが就任されているところにあります。

選手としての成績は全然でしたが、ファンから愛され続けている代表的な方ですよね。

なので、関西出身の方がファンから愛される傾向が強いのです。

 

投手王国なのでレベルアップしやすい

阪神タイガースといえば投手主体のチームなので、レベルアップしやすいです。

当然なのですが、強いチームやメンバーの中に入れば自然に成長できるものなのです。

 

さらに今の阪神の投手陣は魅力たっぷりで、何と言っても大ベテランの藤川・能見選手がいます。

40歳に近づいても第一線で活躍できる方法や、若手のうちにやるべきことを学べますよね。

ベテラン選手から考え方を学べるのは貴重な機会なので、阪神タイガースは良いと思います。

 

藤川 球児
藤川 球児

西くん、待ってるよ!

 

親戚・西勇輝とのつながり

2019年から阪神タイガースにFA移籍してきた西勇輝選手と、実は親戚なんですよね。

(とは言っても、遠い親戚なので顔見知りではないそうです笑)

 

西勇輝選手も西純矢選手のピッチングを大絶賛していて、こんなコメントを残しています。

 

自分のピッチングに似ているなと思った。スライダー、カーブ、フォークの変化球とかね。自分の親戚が活躍してくれることは誇らしいことです。会ったことはないと思いますけど、一度あってみたいですね。すごいピッチャー。日本代表にも選ばれるんじゃないですか?

 

親戚が身近にいるだけで心強いもんですし、話題にもなりますよね。

 

西 勇輝
西 勇輝

純矢くん、ぜひ阪神へ!

 

西純矢のスカウトの評価

各球団のスカウトの評価はどうなのでしょうか。

まずは肝心の阪神タイガースの山本スカウトのコメント。

 

スケールが大きい。あれだけの直球があり、球種も豊富。あの体は魅力。ドラフト上位候補なのは間違いない。もちろん追いかけますよ。

 

阪神がかなり密着マークしているそうで、2019年ドラフト1位候補で見ているみたいです。

その他の球団も高評価をつけているようで、一部ですがご紹介しようと思います。

 

巨人

ドラフト上位指名候補として見ている。(5月19日の試合では)ややセーブして投げていたが評価は変わらない。

楽天

去年まではがむしゃらに投げているだけの印象だった。(5月19日の試合では)力を抜いた感じで140台後半が出ている。

ロッテ

体の強さ、150キロのストレート、狙って空振りが取れるスライダーが最大の魅力。今の力がMAXではなく、成長の幅もある。上位候補に入ってきます。星稜の奥川投手に近づくのか、追いつくのか、追い越すのか。ライバルの存在は刺激になるし、一つのモチベーションになるでしょう。

 

当然ではありますけど、他の球団も虎視眈々と狙っていますね。

特に巨人には絶対に取られてはいけませんよ、絶対に!!

 

岡田 彰布
岡田 彰布

ジャイアンツに取られたら、もうそらあれよ。

 

まとめ

今回は2019年の虎の恋人である創志学園・西純矢選手を特集しました。

果たしてドラフト会議で彼を指名し、獲得することはできるのでしょうか。

個人的には非常に魅力の強い選手だと思うので、1位指名でとって欲しいと思います。

まだ夏の甲子園大会がありますので、これから引き続き注目していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました