阪神近本の評価が「10点中7点」の理由とは。新人王&盗塁王獲得は果たして。

阪神近本の評価 デイリー
tigers-chikamoto-score
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表もーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

交流戦終了時の近本選手はどう?

 

阪神タイガースの1番打者として定着しつつあるルーキー近本選手。

彼がいたからこそ、交流戦終了時点でも貯金が残っていると言っても過言ではないですね。

そんな近本選手ですが、現時点での評価はどうでしょうか。

この記事では、いろんな角度から評価をしてみたいなと思います。

 

近本光司の成績と貢献度を評価

それではまず、近本選手の現時点での成績を見ていこうと思います。

 

打率.268
本塁打6本
打点24
盗塁18

 

まずは打率ですが、この数字はセ・リーグで20位にランクインしています。

正直ルーキーとしては合格点ですけど、1番打者としてはもう少し打率が欲しいなというところ。

得点圏打率.242というのも改善が必要ですし、これからどう変化するのかが楽しみですね。

 

本塁打に関しては、6本も打ってもらえれば御の字と言ったところ。

憧れの赤星さんは生涯3本ですし、長距離を打てるっていう能力は意外でした。

ここはすでに問題ないと思いますし、たまーに出ればいいかなと思います。

 

打点ですが、24打点はセ・リーグで27位です。

ここは評価しにくいところですが、得点圏打率の低さから考えて改善の余地はありだなと。

近本選手にここぞの一打が出れば、弱点である得点力不足も解消できると思うので。

ただ彼は心臓も強そうだから、慣れてくれば打点も増えそうな予感はありますけどね。

 

最後に大事な大事な盗塁ですが、現在18個でセ・リーグ2位につけています。

1位の中西大島選手は20個なので、まだまだ射程圏内ですが、課題は出塁率でしょう。

大島選手が.383なのに対して、近本選手が.319なので、現状では追い抜くことは難しい。

打力で勝てないのであれば、選球眼を磨いて四球の数を増やすなり工夫が必要になってきます。

ここを変えられれば、一気に盗塁王のタイトルが近づいてくるでしょうね。

 

トータルの評価としては、10点満点中7点といったところでしょうか。

ルーキーなのでもう少し評価してもいいかと思いますが、社会人卒なので少し辛めで笑。

 

近本と赤星を比較してみる

では、近本選手も憧れている赤星さんのルーキーイヤーと比較してみましょう。

 

近本選手   赤星さん
打率.268   打率.292

本塁打6本   本塁打1本
打点24    打点23
盗塁18    盗塁39

 

赤星さんはこの年、盗塁王と新人王を獲得してレギュラーを手中に収めました。

そして、5年連続で盗塁王になったわけですが、やはり素晴らしい成績ですね。

 

虎吉くん
虎吉くん

比較してどうや??

 

今の近本選手との一番大きな違いは、打率ではないでしょうか。

赤星さんは長打こそないものの、コンパクトに振る分鋭い打球を飛ばしていました。

近本選手は長打があるので思い切りが良いですが、少し確実性が低いのが気になります。

 

これから打率さえ上げれれば、相乗効果で盗塁も増えるでしょうから新人王は確実。

盗塁王に関しては、大島選手と山田選手がいるので、3人の争いになるでしょうね。

とにかくヒット数を稼いで打率を上げることが、新人王獲得の条件になりそうです。

 

近本と高山を比較してみる

さらに、新人王を獲得した高山選手との成績も比較してみましょう。

 

近本選手   高山選手
打率.268   打率.275

本塁打6本   本塁打8本
打点24    打点65
盗塁18    盗塁5

 

高山選手の成績を見てみると、打点の高さが目立ちますね。

打率もそこそこですが、勝負強いバッティングが持ち味だったと記憶しています。

赤星さんよりも数字的には低いので、近本選手が目指すべき数字ではないでしょうか。

 

ただ打点については、近本選手は1番打者なのでそこまで望めなそう。

なので、とにかく打率と盗塁数を伸ばしていくことが近本選手のミッションだと思います。

 

近本 光司
近本 光司

新人王&盗塁王、目指して頑張ります!

 

まとめ

近本選手が今どんな状況にあるのか、赤星さんや高山選手との比較をしてみました。

結論、これから打率と盗塁を稼ぐことがとても大事ではないかと思います。

評価としては10点中7点くらいなので、評価が上がるかは苦しい夏場をどう乗り越えるか次第。

阪神タイガースに不可欠な存在になりつつあるので、ぜひここから頑張って欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました