阪神近本は新人王&盗塁王が濃厚!性格やデータ比較から大活躍の秘密を検証!

近本の活躍の秘密 デイリー
tigers-chikamoto-newface
もーりー
もーりー

タイガースウェブ代表もーりーです!

虎吉くん
虎吉くん

近本選手の勢いが止まらへんで!

 

2018年ドラフト1位の近本選手が、素晴らしい活躍を見せています。

ルーキーにしてすでに走攻守すべてでチームを牽引していて、頼もしい限りです。

そんな近本選手ですが、なぜこれほど凄い活躍ができているのでしょうか。

この記事では、近本選手の凄さの秘密に迫っていこうかと思っております。

 

持ち前の強心臓と変わらぬ一本足打法

1年目から大活躍を見せる近本選手ですが、彼を見ていて「度胸」が座っていると感じますよね。

どんな投手相手でも、大きく右足を上げてフルスイングするってなかなかできるものじゃない。

そんな彼のスタイルは、一体どこから生まれてきているのでしょうか。

 

1つルーツが見れるのは、高校進学の時の家出事件です。

2人の兄が淡路島にある津名高校に進学していたので、父親も島内の高校進学を希望。

ただし、どうしても本州にある強豪・社高校に進学したいと父親に伝えたところ大反対。

なんとそこで、近本選手は許しを得るまで家出をしてしまったそうなのです。

 

「さすがに家出までしなくてもいいんじゃない??」

と、私も思ったのですが、自分の気持ちに素直に、そして意志の強さは学生時代からあったんですね。

 

あともう一つ、一本足打法へのこだわりにも意志の強さを感じます。

中学時代、軟式野球部に所属いていた近本選手は、逆方向への流し打ちを苦手としていました。

そこで、一本足気味に大きく足を上げることでタメを意識して取り組み始めたそうです。

このスタイルを高校・大学・社会人までずっと変わらず磨いてきたから、今もフォームが崩れないんですね。

 

なお、近本選手のプロフィールは以下の記事でまとめていますので読んでみてください。

 

阪神ドラ1近本光司の経歴と特徴

 

近本光司と山田哲人の比較から見た凄さ

では、今現在の近本選手の成績はどれだけ凄いのでしょうか。

トリプルスリー達成者の山田哲人選手と比較して、見てみましょう。

近本と山田

これは5月1日終了現在の成績表なんですが、打率は近本選手が4厘差で勝っています。

驚くべきは、盗塁数もほぼ山田選手と同じペースで記録していることです。

先ほども言った通り、山田選手はトリプルスリーを何度も達成した選手ですから、打率も盗塁も同じペースなのは凄いこと。

 

さらに驚くべきは得点圏打率なんですが、山田選手が.296に対して近本選手は.429を記録。

これは正直、山田選手に物足りなさは感じますが、近本選手の勝負強さが際立っています。

確かにここ最近の試合でも、近本選手のタイムリーをよく目にする気がしますよね。

 

「これはもしかすると、ルーキー初のトリプルスリーか!?」
気の早い阪神ファンはこう妄想しがちですが、これから夏場に向けて疲れも出てくるでしょう。

そこでどれだけパフォーマンスを維持できるかが勝負ですし、ホームラン数も甲子園では厳しそう。

ただ5月頭でこれだけの成績を残している時点で、近本選手には期待しかありませんよね!

 

近本光司と赤星憲広の比較から見た凄さ

では続いて、近本選手も憧れている赤星選手の1年目との比較をしてみましょう。

赤星選手はシーズン終了時の成績になりますが、以下のとおりとなっています。

 

赤星 打率.292 1本 23打点 39盗塁 12盗塁死
近本 打率.327 4本 17打点 8盗塁   4盗塁死

 

赤星選手のデータを言うと、2001年のルーキーイヤーで39盗塁で新人王獲得

ここから5年連続で盗塁王を獲得し、不動のセンターとして33歳まで活躍されました。

 

ルーキーイヤーの成績を比較すると、現時点では打率は近本選手が上回っています。

注目はホームラン数なんですが、すでに近本選手は4本放っており、赤星選手の生涯本数3本をすでに抜きました。

ここ近本選手の魅力の一つで、足の速さだけではなく長打も打てるスケールの大きさもあります。

 

打点に関しても、おそらく23打点を超えるのは時間の問題でしょう。

問題は盗塁数ですが、このペースで積み重ねれば39盗塁は確実に上回れると思います。

ただし、近本選手がこのままの調子を維持できるかがポイントになるでしょうね。

もしこの調子を維持できれば新人王も射程圏内に入ってくるので、楽しみですね!

 

近本は新人王&盗塁王のダブル受賞も可能?

最後に、今年の近本選手は新人王と盗塁王をダブル受賞できるのでしょうか。

それでは、まずは新人王争いからいきましょう。

 

セ・リーグ新人王争い

現時点ですが、2019年の新人王候補は以下の選手ではないかと思います。

 

阪神  近本光司
阪神  木浪聖也
DeNA 上茶谷大河
DeNA 大貫晋一
巨人  高橋優貴

 

今後どんな成績になるかわかりませんが、有力候補は近本・木浪・高橋の3選手かと思います。

最有力は近本選手、対抗は高橋選手、大穴は木浪選手ではないでしょうか。

怖いのは高橋選手ですね。。防御率も1点台ですし。。でも巨人はいやだ!!笑

ぜひ近本&木浪のコンビに頑張って欲しいですね。

 

セ・リーグ盗塁王

こちらの候補選手は、以下の3選手でしょう。

 

山田哲人  9個
大島洋平  8個
近本光司  8個

 

この3人の誰かが、おそらく盗塁王を獲得するのではないかと思っています。

これ以下の選手でいえば、中日の京田陽太選手の4個ですから、すでに差がついています。

 

ここの本命は近本選手なんじゃないかと考えています。

理由は、1番打者であるため打席数を稼げることにあると思っています。

打席数が多ければ出塁数も稼ぐことができ、その分盗塁数も増やせるということです。

 

ただ、山田選手も確実に30盗塁は超えてくるでしょうから、山田選手との一騎打ちですかね。

近本選手がケガなく1番打者として定着すれば、盗塁王は狙えるんじゃないかと予想しています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

近本選手の大活躍は、幼少期から持っている意志の強さが影響しているのでしょう。

新人王も盗塁王も、ぜひ近本選手に獲得して阪神タイガースを牽引して欲しいです。

 

これからも、我々阪神ファンは近本選手を全力で応援していきましょう!!!

 

⬇︎近本選手の応援グッズはこちら


阪神タイガース グッズ 近本 マフラータオル 背番号5 ゴールド 2019【応援 観戦 公式 承認 タオル HANSHIN Tigers】

コメント

タイトルとURLをコピーしました