トレンド情報

【DAY1】2021年阪神キャンプリポート!ドラ1佐藤がエグい&川相昌弘鬼指導

虎吉くん
キャンプ初日のリポートよろしく!

 

ついに来ました!2021年春季キャンプが本日からスタートとなりました。

新型コロナの中、例年どおり沖縄・高知に分かれての開催となりまずはひと安心ですね。

この記事では、気になる初日の沖縄宜野座キャンプの様子をまとめてリポートしていこうと思います。

 

キャンプ1日目のメニュー

 

まず最初は、キャンプ初日のメニューからご紹介していきましょう。

毎年サンスポさんが、twitterでメニュー表を公開してくれているのでそれを貼っておきます。

 

 

セレモニーからのウォーミングアップ、ベースランニングなど基礎練習からスタート。

かなり元気よく声も出ていて、大山キャプテン中心に溌剌とした印象でした。

このメニュー表は毎日このブログでも掲載して紹介したいと思いますので、チェックしてください。

 

キャンプ1日目のニューストピック

では、キャンプ初日のトピックはどういったものがあったのでしょうか。

私がライブ映像を見て、気になったポイントをつらつら書いていこうと思います。

 

川相臨時コーチのバント講座開講

出典:虎テレ

 

元巨人の川相昌弘さんが、臨時コーチとして宜野座に参加されていました。

白黒の阪神の帽子を被り、主にバント練習をやっている選手に身振り手振りで指導されていました。

 

印象的だったのは、大山選手と中野選手にバントを細かくレクチャーしているシーンでした。

大山選手の場合、横で見ていた川相コーチに自ら質問して教えを乞うているシーンが目立ちました。

キャプテンの自覚も影響しているのか、積極的に貪欲な姿勢で取り組んでいるのが嬉しかったです。

 

一方中野選手は、初キャンプで緊張しているのか、川相コーチからの指摘を直立不動で聞いていました。

大山選手とは対極的で、アドバイスを丁寧に吸収するように頷いているのが印象的でした。

 

川相コーチはバント練習以外でも、自らグローブをはめて守備のアドバイスを送っていました。

ショートでGG賞6回獲得しているレジェンドですから、選手は大きな収穫になるでしょうね。

 

おそらくキャンプの1ヶ月間限定だと思うのですが、内野手の方は思い切り吸収してください!

 

新人佐藤・中野がTシャツでハッスル

ルーキーで注目を集めていたのは、1位の佐藤輝明選手と6位の中野拓夢選手でした。

暖かい沖縄とはいえ、まだ真冬(20℃前後)の時期にガッツリ半袖で臨んでいたのが衝撃でした。

 

佐藤選手の練習姿を初めて見たんですけど、第一印象は「とにかくデカイ」でした。

187cmという身長ももちろんですが、ガタイが周りと比べても飛び抜けてゴツかったです。

特に上半身の筋肉の盛り上がりはヤバイ、、助っ人外国人並みのフィジカルは魅力満点でした。

 

さらに面白かったのは、練習姿がもはやゴリラそっくりだったことです笑。

ディスっている訳ではなく、動きや表情が野生的だったのでちょっと親近感を感じました。

 

フリー打撃は柵越えを打ってましたが、実戦の球ではないのでさほど驚きはなし。

逆に、打った後に足元がふらついているのがちょっと気になるなあと、、スイングが良くないのかな?

バッティングで一番良かったのは梅野選手、素晴らしいスイングと打球が飛んでいてさすがでしたね。

 

中野選手については、佐藤選手の隣によくいた影響なのか、体は小柄な印象を受けました。

緊張も伝わってきて、終始与えられたメニューを必死でこなしている感じがしましたね。

これも緊張からなのか、フリー打撃では打ち損じも結構あったので、少し心配だなと。

 

まあまだ初日ですし、これから徐々に状態を上げていってもらえればOKかなと思います。

注目の守備シーンは見損ねたので、2日目以降の楽しみにしておきます。

 

大山・岩貞の特注のピンクユニが可愛い

出典:日刊スポーツ

 

初日は、大山・岩貞選手がピンクユニを着て練習をやっていました。

かなり目立つ派手な色だったのですが、着ているのが大山・岩貞選手だったので可愛かったです笑。

 

阪神タイガースは、今年のキャンプで「ワンデーキャプテン制」を採用するそうです。

1日目に関しては、チームキャプテンと投手キャプテンが担当したわけですが、明日は誰だろう?

毎日ピンクユニを着る選手が変わるのかはわかりませんが、ちょっとしたトピックでした。

 

元気や激しさが少し物足りない

不安要素として感じたのが、選手たちの元気・激しさが物足りないなということです。

確かに明るい雰囲気はあったし、笑顔も多かったのですが、ん〜なんか足りないよなって感じでした。

 

もっと必死にアピールするとか、激しく競争するとか、ハングリーさが欲しいなと。

ライブ映像だったからなのかな?もっと初日から追い込んでやらないと!という風に見えましたね。

特に中谷・高山・陽川選手あたりはチームの中心になる年齢ですから、落ち着いてはダメですよ!

 

ここは明日以降のギアチェンジに期待しましょう。

 

まとめ

以上、2021年春季キャンプの1日目の様子を簡単にリポートさせていただきました。

2日目以降も記事にしてお伝えできたらと思っていますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

LINE@にて情報配信中!登録よろしく⬇︎

-トレンド情報

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5