戦力分析

【先発編】2021年阪神先発ローテーション6人を勝手に予想してみた!

虎吉くん
2021年シーズンの先発ローテーション考えよ!

 

2020年シーズンが終わり、オフシーズンに入ろうとしている11月。

阪神ファンとしては寂しい時期であり、来季に期待を膨らませる時期でもあります。

というわけで、今回の記事では2021年阪神先発ローテーションを予想したいと思います。

高い投手力を誇る阪神タイガース、来季はどんな先発投手陣となるのでしょうか。

 

2021年スタメンオーダー野手編の記事はこちら⬇︎

【野手編】2021年阪神スタメンオーダー予想!ポジションと打順はどうなる?

続きを見る

 

2021年阪神先発ローテーション大予想

 

では早速、来季の阪神先発ローテーションを予想していきたいと思います。

先発ローテーションは基本6人枠なので、その6選手が誰になるかを予想します。

 

2021年シーズンに関しては、かなり強力な先発候補がいるので選ぶのが結構大変です。

投手力の高さの証明とも言えるんですが、現時点で想定される選手をまずは8人紹介します。

その中から6人をピックアップしたいと思うので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

西勇輝

ポイント

2020年の成績
21試合 11勝5敗 4完投2完封 防御率2.26

 

2020年シーズン、阪神の先発大黒柱としてフル稼働してくれた西選手は当確。

彼自身も過去最高の成績を収め、最後まで最優秀防御率のタイトルを争いました。

通算勝利数も95勝にまで伸ばし、来季には100勝を超えるだろうと予想されますね。

 

今シーズンは阪神移籍2年目でしたが、昨年よりさらに安定感抜群でした。

あと笑顔が多くて明るいので、選手たちやファンも試合を楽しめるっていうのも◎。

来季も開幕投手濃厚でしょうから、オフでしっかり休んで調整して欲しいですね。

 

秋山拓巳

ポイント

2020年の成績
18試合 11勝3敗 2完投 防御率2.89

 

苦労を重ねてきた11年目戦士が、ようやく今シーズン一気にブレイクしました。

秋山選手だけで貯金8を作り、西選手と並ぶ先発大黒柱として来季ローテも当確でしょう。

 

彼の凄いところはなんと言っても抜群のコントロール!

今シーズン1イニングあたりの投球数がリーグ最少、しかも四球は全部でたったの12個。

18試合に先発しているので、1試合あたり平均1個も与えていないという素晴らしい内容。

 

西選手もそうですが、豪速球ではなく変化球やコントロール重視のピッチャー。

こういう選手は息の長い活躍が期待できるので、来季以降も期待大かと思います!

 

高橋遥人

ポイント

2020年の成績
12試合 5勝4敗 1完投 防御率2.49

 

阪神ファンの希望の星・高橋遥人選手が、今シーズン大器の片鱗を見せてくれました。

貯金自体は1ですが、10月6日の対巨人戦で14奪三振完投勝利したときは度肝を抜かれましたよね。

高橋選手も来シーズンエース左腕として期待大、先発ローテはほぼ当確でしょう。

 

注目すべきは防御率の低さで、数字だけで見ればセ・リーグ5位。

高橋選手も豪速球タイプではなく、コントロールとキレで勝負する選手です。

阪神タイガースって、先発投手陣に豪速球タイプ意外と少ないんですよね。

(その分、リリーフ陣には豪速球系が多い感じがしますけど)

 

今シーズン高橋選手は怪我で出遅れたので、来季は開幕から万全で迎えて欲しいです。

彼は1年通して稼働できれば10勝確実だと思うので、結構マジで期待しています。

 

青柳晃洋

ポイント

2020年の成績
21試合 7勝9敗 1完投 防御率3.36

 

2019年シーズンから先発ローテの座を獲得して、今シーズンもフル稼働だった青柳選手。

数字的には昨年並みという感じだったので、まあまあ及第点かなと思っています。

 

ただ後ほどご紹介しますが、2021年から強力な助っ人外国人が入団して来ることもあり、来季の先発ローテは当確とは言えない状態です。

 

青柳選手のプレースタイルに関しては、少し四球が多いかなと思いますが荒れ球が持ち味なのでOK。

課題はフィールディングのスキルで、ここが上手くなればもっと勝てると思っています。

青さんは同僚にもファンにも愛されるキャラなので、個人的にも超応援しています!

 

藤浪晋太郎

ポイント

2020年の成績
24試合 1勝6敗 7HP 防御率4.01

 

もはや優勝請負人と言っても過言ではないですが、彼の復活が優勝には欠かせません。

藤浪選手が来季の先発ローテに入ってくれば、阪神の投手力はさらに高まるでしょう。

当確ランプは灯っていませんが、藤浪選手は来季の先発候補として有力ですね。

 

イップス疑惑でここ数年活躍できなかった藤浪選手ですが、2020年後半に復活の兆し。

リリーフで完璧に抑えたことが浮上のきっかけになったのでは、と思っています。

細かい制球力はまだこれからですが、160km近い直球でねじ伏せる力は魅力ですよね。

 

2021年シーズンで開幕からローテを守れるようなら、阪神にとって大きなプラスになることは間違いありません。

 

チェン・ウェイン

ポイント

2020年の成績
4試合 0勝3敗 防御率2.42

 

メジャーでバリバリ活躍していた強力な左腕が、阪神タイガースにやってきました。

かつて2000年代に中日で大活躍し、その後メジャーで59勝を挙げたチェン選手は先発筆頭でしょう。

2億円の年俸から期待の高さを感じますが、左腕不足の事情も考慮すれば先発当確かと思われます。

 

中日時代は、出どころが見づらいかつ球が速いため、阪神打線は全く歯が立たなかった記憶があります。

今は年齢も重ね、球速ではなく投球術で打たせて取るスタイルになっていますが、それでも実力十分。

2020年はロッテの打線援護なく勝てませんでしたが、全試合クオリティスタートなので問題なし。

 

高橋遥人選手以外の左腕がなかなかいなかった中、チェン選手の加入はプラス材料ですよね。

ぜひ優勝に向けて、力を貸して欲しいなと思います。

 

阪神新外国人候補チェン・ウェインってどんな選手?日米95勝左腕の特徴や球種

続きを見る

 

ラウル・アルカンタラ

ポイント

2020年の成績
31試合 20勝2敗 防御率2.54

 

助っ人外国人投手第2弾、チェン選手に続き阪神に加入するのがアルカンタラ選手です。

2020年シーズンに20勝を挙げて最多勝を獲得、打高投低の韓国で驚異の数字を残した選手。

バッターでは、本塁打と打点の二冠を獲得したロハスJr.選手も韓国から加入しますが、アルカンタラ選手もおそらく先発当確でしょう。

 

タイプとしては完全にパワー型で、先発ながら平均球速が150kmを超えています。

身長も193cmと大きいんですが、投げ下ろす感じではなく、腕をスリークォーター気味にして投げていますね。

 

アルカンタラ選手の特筆すべき点は、コントロールが抜群に良いことです。

豪腕であり、かつ制球力もあることから、日本でも十分活躍できるんじゃないかと高い評価を受けていますね。

 

【朗報】阪神外国人候補アルカンタラ超有能!経歴と韓国時代の動画を紹介!

続きを見る

 

伊藤将司

ポイント

2020年の成績なし

 

最後の6人目の希望枠として考えたんですが、今年ドラフト2位の伊藤選手を推薦します。

JR東日本の即戦力左腕がどうしても気になっていて、彼は来年の目玉選手だと考えています。

 

なぜ伊藤選手が魅力的かというと、理由は2つあります。

 

メモ

制球力が非常に高く安定して試合を作れる
先発に左腕が不足している

 

すでに完成された左腕なので、来年の最初からフルで使える選手だと思っています。

おそらく春季キャンプも一軍帯同でしょうから、伊藤選手がオープン戦で結果残せば先発ローテもあるんじゃないでしょうか。

伊藤選手については、過去に特集記事を書いていますので参考にしてください。

 

【阪神ドラ2】JR東日本・伊藤将司特集!技巧派左腕の経歴と動画をまとめ

続きを見る

 

いや〜伊藤選手が活躍してくれたら、阪神優勝待ったなしですね。

 

とはいえ、2021年の先発候補陣を見ると入り込む余地がなさそうなので、まずは中継ぎ狙いでしょうか。

将来的にはエース候補になりうる選手だとは思うので、コツコツと活躍の場を作ってくれたらと思います。

 

まとめ

以上、2021年シーズンの先発ローテーション候補を8名ピックアップしました。

で、最終的に私が出した先発ローテ6名はこちらです。

 

2021年先発ローテ

1.西勇輝
2.秋山拓巳
3.高橋遥人
4.藤浪晋太郎
5.アルカンタラ
6.チェン

 

かなり激戦必至ですが、この6名が先発メンバーになるんじゃないかと予想しました。

もちろん青柳選手もいるので、上手く組み替えながら長いシーズンを戦うと良いのではと思います。

 

2021年もコロナ対策が続きそうなので、現地で満足のいく応援ができない可能性が高そうです。

そんな中でも、楽しく阪神タイガースを応援できるおすすめグッズを紹介してるので、こちらもぜひご覧ください。

【厳選】コロナ対策OK!2021年阪神応援おすすめグッズ10選

続きを見る

-戦力分析

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5