虎の恋人

【高校BIG4】大阪桐蔭・松浦慶斗は早川二世の超一級品!経歴や特徴を紹介!

虎吉くん
大阪桐蔭のエース・松浦慶斗選手の特集よろしく!

 

甲子園常連校である大阪桐蔭で、2021年のエースに君臨するのが松浦選手。

今年の高校生No.1左腕と呼び声高い選手であり、ドラフト指名候補でもあります。

そんな松浦選手とはいったいどんな選手なのか、この記事で紹介していこうと思います。

 

大阪桐蔭・松浦慶斗のプロフィール

プロフィール

名前:松浦 慶斗
出身:宮城県石巻市
生年月日:2003年7月1日
身長体重:185cm・94kg
利き手:左投げ左打ち
50m:6.2秒
キャリア:旭川大雪ボーイズー大阪桐蔭

 

幼少期

大阪桐蔭のエースとして、今秋のドラフト候補にも上がっている松浦慶斗選手。

彼が生まれ育ったのは、牡蠣の生産が有名な宮城県にある石巻市という海沿いの地域です。

 

石巻と聞くと「東日本大震災」を思い浮かべる人も多いですが、松浦選手は小学校1年生の頃に被災。

学校の下校中に地震が起こり、地元の幼稚園に避難するなどショッキングな出来事だったそうです。

周りにも亡くなった友人もいて、いまは野球ができる喜びを噛み締めてプレーしているとのこと。

 

そんな松浦選手は、小学校2年生の時に父親の仕事の関係で北海道・旭川市に引っ越し。

このタイミングで「新富野球少年団」に入り、彼の野球人生がスタートします。

 

小学校時代

松浦選手が所属していた新富野球少年団は、旭川支部に属する軟式野球チームです。

彼がプレーしていた当時、お父さんの吉仁さんがヘッドコーチを務めていました。

 

この松浦吉仁さんですが、実は1988・1989年に北海道代表で甲子園に2度出場しています。

名門・北海高校の選手として活躍し、その後は日本製紙旭川硬式野球部でもプレーされていました。

もともと北海道出身なので、松浦選手が2年生で引っ越したのも帰郷の意味もあるかもですね。

 

ちなみに、2016年にソフトバンクから2位指名された古谷優人選手はいとこに当たります。

古谷選手と松浦選手のお母さんが姉妹なんだそうで、古谷選手は北海道・江陵高校からプロ入り。

元ロッテの古谷拓哉さんも遠戚だそうで、まさに野球一家だと言えますね。

 

松浦選手は小学生の頃から才能が開花、6年生で地元北海道・日本ハムファイターズJr.に選出。

このJr.制度は12球団であるのですが、合格率1〜2%の非常に狭き門だと言われています。

その能力の高さを認められ、中学は学校の軟式野球部ではなく「旭川大雪ボーイズ」へ。

 

中学時代

中学生になった松浦選手は、この3年間でさらに大きな成績を残すことになります。

 

U-12 カル・リプケン世界大会

全米No.1を誇る少年野球「ベーブルースリーグ」が主催する大会で、世界一を達成しています。

ちょうど中学1年生の頃なんですが、代表選手に選ばれて主力選手として栄冠を手にしました。

 

この大会への日本チームの参加は、故・星野仙一さんの提唱と資金援助からスタート。

野球少年育成に力を入れていた星野さんのおかげで、2006年から大会参加を継続しています。

世界大会での優勝は非常に大きな経験だったと、ご本人も話されていた記念の大会です。

 

旭川大雪ボーイズ

旭川大雪ボーイズ時代、松浦選手は全国ベスト8という実績を残しています。

エース兼主軸としてチームを牽引し、地元でも有名な選手として大きく成長した3年間と言えます。

 

成長したポイントとしては、まず体格です。

身長170cm(すでに大きい・・)から185cmまで伸び、体重も80kg台までアップ。

そして球速は、120kmから138kmまでアップし、野球選手として順調にレベルアップ中。

チームにいた投手専門コーチの入念な指導・アドバイスが良かったんだとのことですね。

 

U15日本代表

大阪桐蔭に進学する大きなきっかけになったのが、このU15日本代表だったそうです。

それは、代表仲間になった現在大阪桐蔭のキャプテンである池田陵真選手からの誘いでした。

「一緒に大阪桐蔭でやろう」という言葉をきっかけに、大阪桐蔭への進学を決めたんだそうです。

 

ちなみに池田陵真選手は、大阪桐蔭の4番・外野手としてプロからも注目されています。

2021年の高校野球を盛り上げる二人ですので、ぜひ池田選手もチェックしてみてください。

 

高校時代

大阪桐蔭に進学してからは、本格派左腕としてさらにレベルアップしていきます。

 

まず体格に関しては、身長こそ185cmと伸びてはいないものの、体重94kgまで増加。

球速は138kmからスタートし、2年生夏の大会(vs履正社)で150kmの大台を記録。

変化球はスライダー・カーブ・スプリット・フォークの4種類の球種を自在に操ります。

 

選抜甲子園ではエースナンバー1をつけ、高校生No.1左腕との評判になっています。

高校生最後のシーズンでどんなプレーを見せてくれるか、とても楽しみですね!

 

松浦慶斗の特徴や魅力

 

では、この松浦選手はどんな特徴や魅力を持っているのでしょうか。

ここではより具体的なポイントについて、ご紹介していこうかなと思います。

 

恵まれた体格

「どんな名コーチでも、体を大きくすることはできない」

スラムダンクの田岡茂一監督の名言(古い?)にもありますが、松浦選手の体格は格別です。

185cm・94kgは高校生としてはかなり大きいですし、見た目も締まっていて筋肉量も多そうです。

 

2年生夏でMAX150kmですから、ひと冬超えてさらに球速アップしている可能性もあります。

大谷選手、藤浪選手、ダルビッシュ選手もそうですが、やはり体格があれば球速は出ますからね。

この後に紹介している投球動画をぜひみて欲しいですが、本当にデカイ!と感じますよ。

 

大崩れしない高い制球力

球速が注目されがちですが、松浦選手の制球力もかなりハイレベルと言えます。

左足にじっくり重心を乗せ、下半身を使って投げているので真っ直ぐ強い球が放たれている印象。

体格が大きくなるにつれて体のバランスが低下するので、この体で制球力が保てることが凄いこと。

 

藤浪選手が典型的な例ですけど、体格が大きいと上半身と下半身のバランスが取りづらくなります。

狙った場所から大きく外れるケースが目立つのですが、松浦選手はそういった傾向が見られません。

さらに貴重な左腕ですから、楽天に1位指名された早川二世になれる逸材だと私は思っています。

 

強靭なメンタル

私が見た感想ではあるんですが、松浦選手はおそらくメンタルがかなり強いと思います。

鋭い目つきやマウンドさばきでそう感じたんですが、ピンチや逆境に動じない選手ではと。

 

結局、甲子園やプロの世界で活躍するにはメンタルの強さが最低限必要。

松浦選手はそのレベルをクリアしているでしょうし、ピンチで力を発揮するタイプではと思います。

見れば見るほど素晴らしい素材だと感じますね、、さすがは大阪桐蔭のエースです。

 

最後になりましたが、松浦選手の投球動画をここに載せておきます。

後半には大阪桐蔭の右腕・関戸康介選手も紹介されているので、そちらもチェックしてください。

 

 

虎吉くん
頼むから阪神ドラフトで指名してくれ・・

 

まとめ

以上、2021年高校No.1左腕と呼ばれる松浦慶斗選手をご紹介してきました。

素材的には超一級品、プロでも活躍しそうな雰囲気を持った素晴らしい選手だと思います。

大阪桐蔭の右腕・関戸康介選手とともに注目すべき選手なので、ぜひ活躍を期待しましょう。

 

-虎の恋人

© 2021 タイガースウェブ Powered by AFFINGER5